おまえの胸に訊いてみろ (ショコラ文庫)

著者 :
制作 : みずかね りょう 
  • 心交社
3.13
  • (1)
  • (7)
  • (11)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 66
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778113339

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  恋心をアレルギーと思い込む、見目が良くてデキるリーマン達(´▽`)
     喧嘩ップルなラブコメに、ジレジレしながらクスクスと、楽しく読了。

     上田×君島も読んでみたいのですが~! と思ったりして☆

     作者様があとがきに書いておられた、コーヒーショップでご覧になったという綺麗めなリーマンの転寝話(笑)あのお話、リアルだというだけで、私としたことが妙に身悶えてしまいつつ、作家様というのは、ちょっとした出来事を心のネタ帳にしたためておき、こんな風に作品に活かされているのですね~と感動♡
     私もいつの日か、転寝する美しいリーマンの隣にシレっと座るイケメンリーマンに偶然出会ってみたいかも( *´艸`)

  • 面白かったです。攻めも受けも素直になれなくてかわいい。みずかねさんのイラストがきれいで好みでした~。みずかねさんのイラストもっとみてみたいなぁ。

  • うーん、途中から読めなくなった。うざいよおまいら。

  • 君島さんがいい具合にアシストしてるから良い。君島さんも上田部長と怪しい気はするけど。二人の関係もわかってるようなわかってないような曖昧な雰囲気がおもしろかった。
    直哉と阿久津は、社会人ってゆうよりは高校生くらいの恋愛って感じ。28歳とは思えないくらい若い恋愛の反応だと思った。
    読点が多いのと誤字が少しあってそれが気になって、ちょっと読みずらかった。いいところの読点がもったいないと思う。

  • 商業BL小説はあまり読んだことがないのですが、もしも世の多くのBL小説がこのレベルだったら凄いなと思います。しかしたぶんそれはないので、さとむら先生ほんとうに凄いなと思います。
    なんでこんなに良いんだろう。わからない。おそらく、展開は王道で、かつそれを見せる技術力が相当に高いからだと思います。
    受けと攻めの力関係が揺れ動き、最終的に対等になる構成が、物語のつくりとしてとてもおもしろかったです。のめり込んで読みました。

  • リーマンもの。ケンカップルというジャンルの中での王道ストーリーです。攻受両方ともイラスト込みで魅力的なキャラで、ポンポンとテンポ良く読ませていただきました。
    ケンカップルそのものがめんどくさいですけどね。もともと仲が悪いわけだから、出だしは不穏な雰囲気、そしてハラハラさせられる意地の張り合いとまあロマンもへったくれもない展開が続くので、そこから恋愛として成立させるには難易度が高い設定です。犬猿の仲だったノンケの二人がどうやって結ばれるのか?というのが作者さんの腕の見せ所になるんだと思います。この話はそこにちょっとひねりがありました。

    地道に努力を重ね常に営業トップ成績を誇る直哉は、能天気で大雑把な同僚の阿久津とそりが合いません。何かにつけてはいがみあう二人なのですが、几帳面なはずの直哉が大切なデータを消去してしまうという失態を阿久津に助けられたのをきっかけに、直哉の体に異変が起きてしまいます。

    これ、アレルギーと命名した君島は、とぼけたふりで実はとても察しがいいんじゃないかと。一番事情を理解してた?
    どう見ても恋わずらいなのに、そこに思い至らない直哉のことを最初はありえないと思ったけど、普通に考えて同僚の男の、それもイヤだと思ってたヤツに惚れる方がミラクルなんですよね。
    阿久津が好きだとは思い及ばないまま、身体だけが正直に反応する直哉が天然すぎて最高でした。特に、潜在的にゲイだったとしか思えない乱れっぷりがたまりませんでした。
    そんな直哉に結果的に振り回されっぱなしの阿久津です。突然誘い受けに豹変した直哉に煽られたのも、人がよくて単純というちょっと残念な性格がよく出てたと思います。

    そして、この後が面白すぎでした。アレルギーって移るんですか?今度は阿久津がアレルギー発症って…中学生じゃないんだからw
    バカバカしいといえばバカバカしい話なんですが、攻受が交互におかしな症状になったのが新鮮な展開でした。
    でも、阿久津の態度も直哉の態度も、大人としてどうよ?と思わされるところもありましたね。もう少し軟化してもいいんじゃないかと。二人の心情が今ひとつ理解できなかったのは惜しいです。

    ちゃんとした大人なのに、大人になりきれていない二人のようです。最後は犬も食わないバカップルでしたね。その症状がトキメキだとまったくわかっていなかった未熟な二人に、呆れたり焦れ焦れさせられたり、たくさんツッコミ入れつつけっこう楽しく読みました。

  • サラリーマンの同僚もの。犬猿の仲の2人がデキてしまう(笑)までのお話。
    小さな喧嘩が子供っぽくて、見ていて笑ってしまいます。ある症状の事を「アレルギー」と言っていて、鈍いというか笑える。
    えっち、初めてのあれは、いいんですかね?(笑)

  • この"アレルギー症状"云々はどうなんだ?って感じなんですよね。そういう命名でなく他の設定だったらもっと楽しめたかもとは思いましたけれど、喧嘩っぷるっていうのは面白かったですね。自分の気持ちに気づいてしまった直哉を今度は阿久津が避け始めるんですよね。そこはちょっぴり切なかったりと、上手くまとめてあって読了感も良かったです。直哉の異動先の上司がゲイだとかなんだとか言いながら、何もなかったのが残念。 直哉狙いでなんかちょっとあっても良かったかなって、実は君島狙いだった!っていうのも面白そうですね♪

  • あくまでもアレルギーでお話がすすむところが面白いです。

全9件中 1 - 9件を表示

おまえの胸に訊いてみろ (ショコラ文庫)のその他の作品

さとむら緑の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする