花喰いの獣 (ショコラ文庫)

著者 :
制作 : 亜樹良 のりかず 
  • 心交社
3.55
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778113490

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ただ一人の男」スピンオフ

    こちらも、食わず嫌いでした。面白かった。

  • (あらすじ)
    女を抱くたび頭の中にチラチラ浮かぶ顔―
    組の解散を機にラーメン屋の店主となった篠塚を悩ませる幻像は、
    元組長の恋人の主治医である精神カウンセラー・多和田の淫らな姿だった。
    元極道の自分とは住む世界の違う穏やかで清廉な多和田を汚すわけにはいかない…
    そう思い距離を置こうとする篠塚だが、
    押し込もうとすればするほど、眠っていたはずの己れの中の獣が目覚めようとし―。


    (感想)


    篠塚朋光(元ヤクザ・ラーメン屋店主)×多和田恒一(カウンセラー)

    文庫化なので入手しようかどうか迷いましたが
    書き下ろし読みたくて結局入手(^^;)
    なので書き下ろしのみの感想など…

    本文中に出てきた乾(多和田のところに乗り込んできた人)が
    その事を謝罪しに多和田のところに訪れるお話。
    その後、その報告をしに篠塚のところへいくのですが
    相変わらずお互いが一歩譲った状態とでもいいましょうか
    好きなのに遠慮しすぎ~っ!!
    まあ1巻ではしょうがないけど、ボソッと誘う篠塚が可愛いvv

  • 元ヤクザのラーメン店主×精神科医。
    ラーメン屋さんであるはずの篠塚さんカッコイイですけど、このラーメン屋さん儲かってるのかなあ(笑)
    そしてセンセイが何気に黒い。破れ鍋に綴じ蓋ってこんな時に使いたいです(笑)

  • 精神的に強い多和田が素敵です!篠塚がその多和田にどんどん魅かれていくさまがとってもこれまた素敵なんです。

  • 2009-11刊 『花喰いの獣』 (ショコラノベルス) 文庫化

全5件中 1 - 5件を表示

花喰いの獣 (ショコラ文庫)のその他の作品

火崎勇の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
榎田 尤利
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする