優・等・生 (ショコラ文庫)

  • 心交社
3.63
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 49
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778114954

作品紹介・あらすじ

明るく快活で誰からも愛される国木田良。だが彼は同じ美術部の先輩・新田匳に対する秘かな恋心と、寮のルームメイト・結城のエリート意識からくる八つ当たりに悩んでいた。一方匳も、良の笑顔の裏にある脆さや寂しさを感じ取り、強く惹かれてゆく。ある日ついに結城の所業にたまりかねた良が騒動を起こし、それをきっかけにふたりは互いの気持ちを確かめ合うが、相愛の日々にも結城の存在が再び暗く影を落とし…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 明るいキャラの良。このキャラは弱い自分を隠すための「武装」なんだろうな。と分かってからは、誰かに気がついて欲しい。と願わずにはいられなかった。結城のことは許すのは難しいけれど、そこまで追い詰められたのは可哀想なのかも。とも思う。こばこはこれからも良の自己評価の低さには苦労させられそうだけど、離れずずっと一緒にいて欲しい。良が信じられないのはこばこではなく、自分のことだと思うので、それも少しずつ変わっていくといいなぁ。と思った。

  • ショコラノベルズからの新装版

    寮生活・先輩後輩と、萌え要素がぎっしり
    そして、この病んでる感はさすがノエル先生!です

全2件中 1 - 2件を表示

五百香ノエルの作品

ツイートする
×