あの日、校舎の階段で (ショコラ文庫)

著者 :
制作 : 麻生 ミツ晃 
  • 心交社
3.91
  • (12)
  • (14)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 68
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778115265

作品紹介・あらすじ

笠井亨は同窓会で、元親友の遠藤圭祐と十年ぶりに再会した。ゲイの友人を遠藤が不登校に追い込んだことで仲違いしていた二人は、また高校時代のような気の置けないつきあいを始める。だが笠井は偶然、遠藤がずっと自分を好きだったことを知ってしまった。友達でもいいとすがる遠藤を、表面上は受け入れる笠井。しかし執着と欲望を隠そうともしない遠藤に苛立ち、彼の前から姿を消すが-。ノベル未収録作と書下ろしを加え文庫化!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何度か読み返していた作品。なので、文庫化で「プラネタリウム」と、もうひとつ書き下ろしがついているということで迷わず購入。
    書き下ろしまで読み終えて、やっぱりいいと太鼓判です。

    遠藤の執拗さがハンパなく恐怖。逃げても逃げても追いかけてくる、ストーカーそのもの。でも、どこか憎みきれないし、気持ち悪いのに最後にはなぜかほだされてしまいます。
    読者にとっても、笠井にとっても唯一の救いは、遠藤が「ただし、イケメンに限る」だからなんですよね~
    外見と身体の相性は大切。
    そして、共有できるきらきらとした思い出ですね。
    …それでも、血を吐くほどに気持ち悪いのは間違いないです。

    「プラネタリウム」は、笠井が抱える男同士の恋愛への深いトラウマが描かれています。笠井の心の傷は、遠藤のせいでさらに深手に。
    遠藤って卑屈でネガティブなくせに、やることは大胆ですからね。それに嫌われるとわかっているだろうにまだ懲りていない。
    そんな彼を受け入れて、気がついたら主導権もしっかり握っている笠井って、意外に女王様でした。

    書き下ろし「週末は甘い病気」は、笠井が後輩の失恋を慰めるためのコンパを断ったら、恋人の束縛を皆にありえないとつっこまれてしまう…という話。
    すっごく面白くて笑いました。遠藤のぱんつくんかくんかが変態で最高。
    笠井はもう慣れた?
    痴漢プレイがさらに変態風味を増していて、遠藤らしかったです。
    地獄は続いてるけど、あまあま地獄でした。

  • とてつもない執着攻ものですが、このレベルは
    突き抜けすぎてて衝撃でした。
    初読み作家さんでしたが、この腹の底から気持ち悪い、
    最早恐怖と言えるような執着を書ききってるのに驚きです。

    理解不能で気持ち悪い、言葉の通じない相手、
    しかもそのストーカーっぷりたるや、受が警察に相談
    することを本気で悩むレベル。
    受は受でごく普通の性癖をもってたはずが、親友と
    して付き合ってた相手がどんどん豹変し、しまいには
    監禁強姦のような力業、あげく脅迫までされて憎しみ
    に……。

    一体どんな風に決着つけるんだろ……というくらい、
    もう深み嵌りすぎてボタンが掛け違いすぎてどうしよう
    もない展開だったのに気がつけば……。
    この受の攻を受け入れていく過程が秀逸でした。
    私も勿論、この攻の異常さは怖気が立つくらい気持ち
    悪いと思ったんですが、気がつけば……(笑)
    なにこのマジック。

    捨てられた犬みたいな眼をしたって知らないからな!

    とか思って踵を返しても、背後で「くぅぅん……」と
    泣かれてしまったら引き返してしまう、みたいな。
    攻の身勝手っぷりに腹が立って仕方ないのに、何か
    不思議と目が離せません。
    ごね勝ちといえばそうなのかもしれないですけど、
    受の葛藤も非常に上手に書かれていて、凄い。

    何冊かこの作家さんの作品は積ん読しているので、
    次が楽しみです。

  • 執着攻めBLは多々あれど、ここまでまんまストーカーで脅迫まがいに強引で、それでも攻めに感情移入出来てその執着かつ変態ぶりが逆に愛おしいと思えてしまうストーリーは初めて。
    大概のBLが鬼畜に攻められるうちに身体が絆されてという展開が多い中、これは身体よりも精神的に絆されていく様子がよく分かる。所々学生時代のシーンを入れながら、笠井が心の奥底では昔から遠藤を憎からず思っていること。決して流されたのではなく、葛藤しながらも笠井はいつも自分で解決策を模索して選択して結果を受け入れていること。気が強くて口が悪く素直じゃなくて、支配されているようで実は笠井の方がかなり優位な立場にいること。だからこそ痛い展開ながらも安心して両者に感情移入しながら読めたのだと思います。
    笠井にとことん惚れて愛情を余すことなく全て捧げる遠藤。その執着たるや変態過ぎて気持ち悪いwけれども何処か不憫で絆されてしまうのも事実。一歩間違ったらただの鬼畜になるキャラだけに佐田さんの彼の描き方が本当にお上手で憎めない。
    書き下ろしではその気持ち悪さを十分に発揮してグレードアップさせていて笑ってしまいましたww こんな風にこれからも遠藤は笠井の事を心配しながら嫉妬しながらもだもだしてればいいと思います。遠藤が思うより笠井はずっと遠藤を好きだと思うけれど。このまま笠井に主導権がある関係で、実は精神的に笠井に支配されて執着している遠藤、という構図が大変美味しいです!

  • 木原さん好きなら好きな設定じゃないか?と言われ読んでみたら…。

    10年前に喧嘩別れした高校の時の親友・遠藤と
    同窓会で再会した笠井。
    昔みたいな関係に戻れたと喜んでたが
    遠藤の自分を見る目が違う事に気付き、
    やがて遠藤はストーカーとして笠井に付きまとうように…。

    ストーカーの表現がリアル!!
    ストーカーって自分でも
    もうどうにも出来ないんだろうね。
    恋する気持ちってのは厄介なもんだね(-ω-;)

    脅されて続く関係にやがて限界がくるけど…
    さすがBL小説(笑)読んでからのお楽しみ。

    執着の果てに何があるのか?

  • 大好きっ!な本だけ登録しているのだけど スルーできなくて。なんだろう これは。木原作品なら登場人物 全部嫌い!(本の好き嫌いとは別)で済ませるのに。
    遠藤の半端ないストーカーぶりと 笠井の判断ミス?に イライラ気持ちが悪くなる。 後ろ指をさされない人生を望んだだけで 自分も気づかぬ心の奥底では愛があったということですか? 気づかないふりをしていただけで。 人間として大切だと思っている相手の望みはどこまで譲歩できるものなのか。

    はからずも「熱砂と月のマジュヌーン」「ふったらどしゃぶり」と 続けて読んだとは。

    そうか、 泣いてただをこねても 可愛いと言ってもらえ 我が儘をとおせる愛らしい子供、 上目使いで だってぇと言えば許される女の子に我慢ができない私だから 余計に受け入れにくい話なんだ。

  • 2010年7月発売のショコラノベルズの文庫化。
    描き下ろしあり。

  • ノベルズ版(既読)にアクアリウムと書き下ろしSS追加。遠藤(ゲイ攻)が笠井(ノンケ受)に甘く執着していて大満足。変態という言葉がしばし使われるけどこの執着愛もイケメンだからと、遠藤は笠井に、「捨てられたら死ぬ」と言っているところが憎めない。捨てられるくらいならおまえを殺す、ではなく。

全7件中 1 - 7件を表示

あの日、校舎の階段で (ショコラ文庫)のその他の作品

佐田三季の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安芸 まくら
榎田 尤利
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする