観光立国革命~インバウンド3.0の衝撃! 持続可能なニッポン創生のための処方箋~

著者 :
  • カナリアコミュニケーションズ
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778203177

作品紹介・あらすじ

観光立国革命は日本人のアイデンティティを取り戻す最大の機会、最強で最高の希望!ゆえに、インバウンドを一過性のブームに終わらせてはならない。持続可能(サステナブル)なインバウンド3.0戦略こそが、革命の起爆剤となり、プレミアム・ジャパンを創造する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2003年のビジットジャパンキャンペーン(VJC)事業開始から2013年までの10年間を「インバウンド1.0」 
    2014年10月1日 「全品免税制度」 以降を「インバウンド2.0」

    「インバウンド3.0」:全産業、全省庁、全国民が「これからはインバウンドの時代である」と強く自覚し、主体的に関わっていく時代
      ⇒インバウンドは外国人が日本の中(in)に向かってくるという(bound)という意味。日本に向かうベクトルは、観光のみならず、留学・労働・移民・株式・不動産・事業投資すべてのベクトルを指す概念。訪日観光=訪日レジャーとしてだけ捉えていてはその重要性を見落とす

    2014年10月1日 「全品免税制度」 以降を「インバウンド2.0」
    従来免税販売の対象となっていなかった消耗品(食品類、飲料類、薬品類、化粧品類その他の消耗品)を含めたすべての品目が新たに免税対象となります。消耗品が対象となることで、各地の特産のお菓子や地酒などの地場産品を外国人旅行者に買ってもらうチャンスであることから、消費税免税制度を活用した外国人旅行者の誘客を進めています。
    この新たな免税制度に関して、
    1.新しく免税対象となる消耗品を販売する際の包装の方法が決定されています。
    2.免税店のブランド化・認知度向上を目的とした免税店シンボルマークの運用を行っています。
    3.地方運輸局及び地方経済産業局において、免税制度の手続き等に関する相談を受け付けています。
     ビザの発給条件の緩和、円安、アジアの訪日客の所得上昇、日本製品に対する信用度の高まり
    →「爆買い」現象

    1.爆買いなど、一過性なブームに終わらない持続可能なツーリズムの創造
    2.量よりも質を求める
    3.持続的な富を生み、地域の雇用、特に若者の雇用を生み出す
    4.地域の自然環境や固有の伝統文化を破壊せず、よりよくする。地域を絆を強化
    5.国際理解・国際平和に寄与し、子供たちの未来を作り、すべての人々が豊かさを享受する
    1.I/Bの外的環境に関する脆弱性(2015年韓国MERS流行による個人旅行、 インセンティブ、国際会議のキャンセル)
    2.フランスでは量よりも質=自らのブランド価値を売る

    免税店になるには、納税地の所轄税務署の届けを出し、審査を受けることで許可を得る
    2014年4月 19,000店。日本に小売店は120万店

    中国のFIT増加理由 2014年時点でFIT6割、GIT4割でFITが上回った
    ・尖閣諸島問題で大々的に主催旅行商品を売り難くなり、個人旅行手配を強化した
    ・2015年1月以降、個人旅行のビザ発給要件を大幅緩和
    ⇒中国人需要が増大し、日本におけるランドオペレーションコストが高騰した。「インバウンド・レート」(外客団体値引き額枠)がほぼ撤廃された →団体旅行商品と個人手配と値段が変わらなくなった。FITは、地域全体の魅力を発信しないと誰も来てくれない

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1963年、佐賀県生まれ。上智大学出身。2000年、ドン・キホーテ入社。広報・IR・マーケティング・新規事業の責任者を経て、08年、社長室ゼネラルマネージャー兼インバウンドプロジェクトの責任者に就任。13年、ジャパン インバウンド ソリューションズを設立、その代表に就任。ドン・キホーテ グループに加え、国・自治体・民間企業のインバウンド分野におけるコンサル業務、教育研修事業、プロモーション連携事業に従事。欧州、アジアなどの海外及び国内の自治体、企業などで年間約200本の講演・講義を行う。一般社団法人日本インバウンド連合会理事長。一般社団法人国際22世紀みらい会議議長。日本インバウンド教育協会理事。ハリウッド大学院大学および神戸山手大学客員教授。日本ホスピタリティ推進協会理事・グローバル戦略委員長。全国免税店協会副会長。みんなの外国語検定協会理事。観光政策研究会会長。著書は『ドン・キホーテ流 観光立国への挑戦』(メディア総合研究所)、『インバウンド戦略』(時事通信社)、『接客現場の英会話 もうかるイングリッシュ』(朝日出版社)など多数。

「2017年 『儲かるインバウンドビジネス10の鉄則』 で使われていた紹介文から引用しています。」

観光立国革命~インバウンド3.0の衝撃! 持続可能なニッポン創生のための処方箋~のその他の作品

中村好明の作品

観光立国革命~インバウンド3.0の衝撃! 持続可能なニッポン創生のための処方箋~を本棚に登録しているひと

ツイートする