hon-nin vol.00

  • 太田出版
3.35
  • (13)
  • (12)
  • (59)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 126
感想 : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778310349

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本人創刊号。大人計画の松尾スズキと宮藤官九郎の対談を目当てに読む。脚本も演出も役者もやる人が2人、濃い話で面白かった。宮藤さんが松尾さんを大変リスペクトしてるんだけど、松尾さんがそれに偉ぶらないとこがいいよなぁ。先日WOWOW放送された「熊沢パンキース03」「ウーマンリブ先生」を見て、宮藤作演に出る松尾スズキ、という図に一々感動してた(笑)。対談以外はコラムや連載小説の1回目や漫画など。どれもアングラ臭がすごい。

  • 大人計画とか全然知らずに読んだのだけど、面白かったなあ。

  •  たぶんこの号が、一番「hon-nin」という本の「本人らしさ」とエネルギーが凝縮されている雑誌。そして残念ながら休刊となった号がまた、「本人らしさ」をぶちまけて終わった感がある。
     松尾さん色の濃い初号と、その色を受けて、おもいおもいあらいざらい、あるいは意図的に自分をさらけていった重なりが、実におもしろかった雑誌。
     ブログでもなんでも、心情をさらけだすメディアはできたが、それを読ませることの難しさ、人の感情を動かすまでに昇華させることってなんだろう?なぜそれをするのだろう?ということを考えさせられた雑誌。

  • 先日衝動買いいたしました。サブカル界の有名人が名を連ねていることに、なんか「あたし知っちゃってるのよね」感というか、もはやおしゃれサブカル感(現状のテクノポップ的な感じ)が溢れちゃってこっぱずかしいなっていう印象で避けてたのですが、いやぁAmazonがオススメにドーンと掲載しやがるんだもん。仕方ない。ぽちっと購入ボタンをやってしまった。

    そして、最初の発言をとても撤回したい。すいませんでした。大好きでした。
    以前レビューにあげた「少年文芸」(懐かし昭和の香りの総合文芸誌)を、今ギンギラしてる方達が製作するとこうなるのか、って感じ。
    ほどよくメジャーな著者達が間口を広げ、誰が読んでも間違いなくおもしろいんだけど、ニッチに行きたい人の趣向もガッチリおさえているバランスのいい本だな、って思いました。一冊一冊しっかり読みたいです。
    エディトリアルデザインもとっても素敵!あの素晴らしかった雑誌「relax」のデザインと同じ方が担当なのですよ。必見です。

  • すきなシリーズ本。

  • 今も出されている、松尾スズキさんがスーパーアドバイザーとなって
    監修している本です。読み応えタップリで、私の琴線にバシバシ響きます。

  • 2007/03/10購入。私小説等。濃いなぁ。

  • 期待しすぎたような。
    連載陣がやたらと豪華!!

  • 巻頭対談は宮藤官九郎。
    「松尾さんがいると仕事がはかどる」というクドカンと、松尾の微妙な距離感、相違が面白い。
    吉田豪インタビューは荻野目慶子。
    壮絶な半生を、冷静に振り返る彼女にクラクラする。

  • おもしろいよー!
    もう、なんていうか
    おもしろいです。

    松尾スズキがスーパーバイザーで、
    クドカンやら中川いさみやら
    なんだか豪華!
    豪華すぎる雑誌小説!

    買って損はない!

    毎回買いそうだー。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1970年、宮城県出身。脚本家、映画監督、構成作家、俳優。91年より「大人計画」に参加。近作のテレビドラマの脚本は「NHK連続テレビ あまちゃん」「ごめんね青春!」「ゆとりですがなにか」「監獄のお姫さま」「NHK大河ドラマ いだてん~東京オリムビック噺」など。

「2021年 『俺の家の話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮藤官九郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島由紀夫
ほし よりこ
松尾 スズキ
浅野 いにお
松尾 スズキ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×