祈る子どもたち

著者 : 末吉里花
  • 太田出版 (2007年9月6日発売)
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778310851

作品紹介・あらすじ

TBS系『世界ふしぎ発見!』ミステリーハンターが出会った、世界の子どもたちの祈りと願い。祈りをめぐる紀行エッセイ。

祈る子どもたちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世界ふしぎ発見のミステリーハンターであった著者が、世界中のいろんな場所で熱心に祈る子ども達から学んだこと。
    敬虔なクリスチャンの家系に生まれた著者が、祈る子ども達との出逢いや会話の中で、洗礼を受ける決心をする。
    受礼の前と後では、子ども達の印象は変わったのだろうか。

    宗教を越え、シンプルに祈ることに焦点を当てたことで、見えて来るものがあるようだ。

  • “祈り”とは儀式であると思っていた。ところが、著者が出会った人々は、国や宗教の違いにもかかわらず「祈ることは生活の一部」と答える。また“祈り”は願うことではなく感謝を伝えること、という点も共通する。宗教の違いは現在でも紛争の原因になるほど大きいが“祈り”というキーワードで考えたとき、互いに理解しあえる部分もあると感じた。

  • 作者がクリスチャンになるまでのお話です。
    祈るという行為が持つパワーや謙虚さに溢れた本です。
    日本人って無宗教なんだなあと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

末吉里花の作品

祈る子どもたちはこんな本です

ツイートする