B/W(ブラック オア ホワイト) 完全犯罪研究会

著者 :
  • 太田出版
2.96
  • (1)
  • (3)
  • (18)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 61
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778311773

作品紹介・あらすじ

3年連続でそれぞれ異なる殺人鬼に生命を狙われ「日本の犯罪史上もっとも有名な被害者」となった天見仄香は、現在、警視庁の犯罪被害者支援室に勤務している。未解決事件の再捜査の必要性を市民代表が審議する試験制度に参加し、自らの運命を揺さぶる「疑惑の少年」真壁巧と出会う仄香。真壁の周囲では、これまで両親や同級生など221件もの人間消失事件が起きていた。真壁巧は、はたしてクロかシロか?そして、仄香に迫る4度めの危機-。神の死を叫んだ哲学者が、現代社会に巨大な幻影を落とす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 設定は面白いし、ぐいぐい引き込まれたが最後の方の展開が駆け足になってしまったのは残念。

  • 清涼院流水の作品は大好きなんだけど、今回のは手応えがなかった。『ジョーカー(旧約探偵神話)』や『コズミック』が名作すぎたのかな。

  • 「運命なら、死刑とて受け容れよう。だが…はたして、天がオレを殺すかな?」

    『過去は変えられない。
    それでもーー、明日は変えられるかもしれない。』

    「いつか、わたしを消すーーという予告?」
    「消えたくなったら、教えてください」

  • はじめてこの人の本読んだけど、面白かった。
    謎が全部とけてないけど、それでも面白かったからすごいと思う。
    もちろん消化不良やし、そこまで考えてよって思うけど。
    でもすごいなぁーそれでも面白いんやもん。
    文章上手やし。読みやすいし。
    これは確かに異才というか異端というか。
    素直にすごい。

  • 探偵役の推理、ミスリードなんじゃなかろうか。つまり無理があるの前提。作中に書かれている要素から正しく組み立てれば、本当の真実は他にありそうに思える。・・・そうじゃなかったとしたらちょっと無茶すぎるんじゃないかなあ。と思いつつ、真実のハウダニットは欠片も浮かべられないわけですが。もやもやするぞ、これ。

  • 事件の面白さ、不思議さに、結末への期待が高まっていたが、肩透かしという感じ。なあんだ、というか、本当にできる?

  • 久しぶりの清涼院さん。
    今までの中で一番わかりやすかった(笑)

    でもやっぱり消すのは無理じゃない?!
    続きありそう?

  • 同時期に発売されたコズミックゼロは即買いして読みました。
    こっちはなんとなく読んでいなかったのですが
    電子書籍化されていたのを携帯で拝読。

    人間消失事件の渦中の少年は黒か白かというのを
    もっとも有名な被害者が追うという設定や
    一クラス全員が消えるとか大きい感じの犯罪なので
    一体どんなやつらが絡んでいるのかと思ったら
    すんなり終わりました。

    流水さんの宇宙を巻き込まんとするばかりの勢いが
    あまりなくてちょっと残念でした。

  • 登場人物は好きだけど話が微妙な感じ。
    どれも中途半端な感じ。

  • んーなんだろうこの作者ならではの大層な感じを期待して読んでみたのだけれど毒にも薬にもならない感じ。肝心のトリック部分が何も解決していない。キャラクター造形にだけ焦点を当てたような内容だが、正直そういうライトノベルのようなものは他に任せておいてもいいんじゃないか…

全22件中 1 - 10件を表示

プロフィール

ミステリー作家、英訳者

清涼院流水の作品

ツイートする