• Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778311926

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 滅多にインタビューに答えない史上最大のお笑い怪獣の生き様や思いが読めるだけでほとんど眼福もの。三宅さんの方はおまけに過ぎないw

  • 051
    「さんま道」、有吉弘行インタビュー、堀江貴文のバイト談など

  • </span>&rdquo;</div><div class="quantityDisplay black textSquash" style="display:none;padding-bottom:3px;"><nobr><span class="strong black">欲しい数量&nbsp;

  • 明石家さんまさんが珍しくインタビューに応えている貴重な1冊!だが一体我が家の何処に行ったのか?

  • やっぱりさんまはすごい。
    覚悟が違う。

  • 明石家さんま恐るべし
    「テレビ」の持つ力を本当に信じていて、そして現状の業界を憂う様子が伝わってくる
    テレビ芸人としての自覚・気迫がすごい

  • 過去の人が「あのころは良かった」っていうのは簡単だけど、未だに現役でトップを走る人がいう「あのころは良かった」はひと味違う。

    テレビの広告収入が減って、番組の予算が大きく変わることで番組の内容がかわっていくのを案じているけど、この人はマイク一本で番組を盛り上げるから、根本的に予算ってあんまり関係ない。それでも案じているのは、ほかの芸人さんの立場を考えているからなのか。テレビ全体を考えているからなのか。

    大人な発言が多い。

  • さんまのインタビューは貴重。BIG3はみな上品なのでよい。涙に流れたりはしないのだ。明石屋さんまの偉大さが改めてわかる。吉田豪の有吉インタビューも、懐に入っていこうとする過程が見えて、良い。

  • お笑い怪獣の珍しい特集
    アマゾン上位

  • 私がお慕い申し上げて止まない明石家さんまさんの
    ロングインタビュー!ということで、即買い。
    そしたら、スーパーバイザーがこれまた愛して止まない松尾スズキ。
    松尾スズキの文章は載ってなかったのが残念。
    しかし、本当に様々なタイプの方の寄稿とインタビューで、
    もうenoughって感じです。大満足。

    ・明石家さんま
    「今でもテレビを大切にし過ぎる」という言葉が印象的。
    さんまさんの世代は、「テレビで人が喋ってる」ことに驚きを感じた世代。
    だから、今でもそんなテレビに出てるんだから頑張らなきゃ!と思うらしい。
    だから、テレビで手を抜いてる芸人を見ると腹が立つと。
    さんまさんのプロ意識はここから来てるのかと思う。

    ・有吉弘行
    有吉のインタビューが載ってたんだけど、猜疑心の塊過ぎて吹いたwww

    ・宮崎吐夢
    この漫画面白過ぎてワロタ
    流石、大人計画。この世界観はやはりたまらない。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1985年5月5日生まれ、東京都出身。2001年にデビュー。歌手、タレント、声優、女優、漫画家として幅広く活動中。サブカルへの造詣も深い。

「2014年 『ねこのあしあと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中川翔子の作品

ツイートする