テクノカットにDCブランド

  • 太田出版
3.50
  • (5)
  • (6)
  • (12)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778312114

作品紹介・あらすじ

こんなことがいつまで続くのだろう?時代はいつ変わるのだろう?新人類ブームに翻弄され、オシャレ・イラストレーターを目指した偽りの日々。苦悩する80年代を描いた、みうらじゅんの自伝的エッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015/3/16購入
    2015/4/12読了

  • 自分ってなんなんだ。

  • イメージとしては、イケイケな若手時代を過ごしていそうなみうらじゅんさんですが、正確にはそうではないようです。若手時代の苦悩と葛藤の日々を綴ったエッセイ集。あのロン毛とサングラスの風貌になんとなく親近感が湧きました。

  • 薄笑い
    ゴジラと
    NYへいったときの話が好き

  • バカでどうしようもないのになんか愛おしい。みうらじゅんのこの感じ好きだなぁ

  • 毎度の同じ話だな

  • みうらじゅんの若かりしころの自叙伝。
    ただ単純にばかばかしくって、おもしろい。
    でもそれずっと続けられてるのもすごい。

  • みうらじゅんの人生、テンポ良く読み終えてしまった。
    好きなことに迷わず真っ直ぐに進んでるように見えていたけど、実際はそうでもないんだなぁ。
    余計親近感。

  • デビュー当時の交友関係が描かれていて面白かった。またゲーム好きには「あったあったそんなゲーム」という思い出に浸れて、そちらの面からも楽しめる。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

いとうせいこう●1961年東京生まれ。早稲田大学卒業後、編集者を経て作家デビュー。みうらじゅん●1958年京都生まれ。武蔵野美術大学在学中に漫画家デビュー。

「2018年 『仏像ロケ隊がゆく 見仏記7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みうらじゅんの作品

ツイートする