感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 貧困問題、孤独死の問題、そして宗教心、真剣に人生を歩まねばと自戒させられました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

上野千鶴子(うえの ちづこ)
1948年富山県生まれの研究者。専攻は社会学で、女性学やジェンダー研究の第一人者として知られる。東京大学名誉教授。著書に『近代家族の成立と終焉』、『家父長制と資本』(岩波書店)、『おひとりさまの老後』(文春文庫)、『女ぎらい』(紀伊國屋書店)、『ケアの社会学』(太田出版)、『サヨナラ、学校化社会』など多数。

atプラス 07のその他の作品

atプラス 07号 Kindle版 atプラス 07号 上野千鶴子

上野千鶴子の作品

ツイートする