往生の極意

著者 :
  • 太田出版
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778312657

作品紹介・あらすじ

日本宗教史に通暁する著者が、様々な生死観、往生観を紹介しながら、一人一人がそれぞれの死=往生を吟味するように促す、今こそ、老若男女が傾聴すべき「メメント・モリ(死を想え)」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自然に帰る、親鸞の「自然法爾」が心に染み入る。
    最後にボケるのも悪くないと知る。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

山折哲雄 1931年生まれ。宗教学者。東北大学文学部印度哲学科卒業。同大学文学部助教授、国立歴史民俗博物館教授、国際日本文化研究センター教授、同センター所長などを歴任。著書に『空海の企て』『愛欲の精神史』『「始末」ということ』など多数。

山折哲雄の作品

ツイートする