街場の読書論

著者 :
  • 太田出版
3.81
  • (62)
  • (95)
  • (69)
  • (12)
  • (5)
本棚登録 : 1029
レビュー : 108
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778312886

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • さらさらと読めるところもあれば、読めないところもあって、内田樹さんの本を読むには俺の読書力が足らないかな。

    でも、楽しめる話もあって、満足してます。

    また、読書力がついてきたら読み直したいです。

  • 内田樹先生が「読書」について語っている・・・のかと思いきや、内田樹先生が「こんな風に読書して学んでいるのですよ」ということを述べているような本でした。

    一冊一冊じっくりと読み、思考し、アウトプットしている(ブログなどで)様子がとてもよく伝わってきて、「あぁ、自分の読書って雑でもったいないなぁ」と考えさせられました。

    「じっくり感想などを書く時間を作りながらの読書」をすることは、池谷裕二さんの本について述べているところで述べている「脳の機能は「出力」を基準にして、そのパフォーマンスが変化するのである」というところに繋がるなぁと思います。

    アウトプットを意識しよう。

  • 内田センセの本は、やっぱり面白い。
    ブログに書かれていることや、Twitterのつぶやきに、それはどうだろう?と思うことはあるけれど、内田センセの書かれることは、気持ちの深いところで、腑に落ちる。

    この本は、読書好きだけでなく、何か日々考えることのある人はぜひ読んでください。
    あ、考えてない人も読んでください。きっとなにか、考えるようになります。
    それほどまでに、この本は、僕にとってはエキサイティングでした。

  • これまで疑問に思っていたことが、次々と氷解するのが内田センセの著作を読む醍醐味。413ページの大部である本書も、書名となっている「読書法」にとどまらず、様々なことを教えてくれます。たとえば、次のような記述が目を引きました。「歴史が教える限り、『一気に、徹底的に社会を人間的なものに作り変えよう』とした政治運動はほとんど例外なく粛清と強制収容所によってそれを実現しようとしたからです」(P242)。第6章「表現とリテラシー」はメディアに関わる者は必読だと思いました。

  • 頭の中をこねくり回してスッキリしてくれる本です。
    読後、なんか自分が頭良くなった気がするような。

    リーダブルということについて説明されていましたが、まさに内田先生の本はリーダブルだな、と納得しました。

  • リーダビリティ、ということ

  • 056
    •遡及的に推理する
    •「あなたに言葉を伝えたい」という親たちの抑制することのできない激しい欲望
    •受信者が「あ、これオレ宛のじゃないわ」と思えば、メッセージは虚しく空中に消え去るしかない

  • いつもながらの内田節。コンピ本なので読んだことがあるところ多数。それでも、一冊の本になっているとよみやすい。
    内田さんの本を読んでいるといろんなことが氷解してくるからおもしろいよね。

  • 2012年6月に実施した学生選書企画で学生の皆さんによって選ばれ購入した本です。
    配架場所、貸出状況はこちら:http://libopac.josai.ac.jp/opac/opac_details.cgi?lang=0&amode=11&place=&bibid=2000057337

    【選書理由・おすすめコメント】
    一冊で複数の作品とふれあえる。新しい本と出会えるきっかけを作ってくれる一冊。(大学院理学研究科数学専攻1年)

全108件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

うちだ・たつる 1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。ブログ『内田樹の研究室』。



「2019年 『そのうちなんとかなるだろう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

街場の読書論のその他の作品

街場の読書論 Kindle版 街場の読書論 内田樹

内田樹の作品

ツイートする