街場の読書論

著者 :
  • 太田出版
3.81
  • (62)
  • (95)
  • (69)
  • (12)
  • (5)
本棚登録 : 1029
レビュー : 108
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778312886

作品紹介・あらすじ

"ひとりでも多くの人に話を聞いてほしい、書いたものを読んでほしいと思う人間にとっての技術的な最優先課題は「どうすれば、聴き手や読み手はこのメッセージを『自分宛てだ』と思ってくれるか」ということに集約されることになります。当然ですね。それが「リーダビリティ」といういささかこなれの悪い言葉を使って、この本の中で僕が論じていることです。"

本はなぜ必要か。
どうすればもっと「伝わる」のか。
強靱でしなやかな知性は、どのような読書体験から生まれるのか――。
ブログ「内田樹の研究室」と、各媒体への寄稿記事より、「読書」と「表現」に関するものを厳選、大幅に加筆・改訂。
次なる世紀の行く手を照らす、滋味たっぷり&笑って学べる読書エッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ビジネス書とは、全く違う視点からの読書論。

    ビジネス書ではいかに効率よく本を読むかといったような、喉の渇きを癒すための読書のように感じる。

    しかし、いくら本を読んでもこの渇きは癒されない。水を飲んだ瞬間は癒されるが永遠に渇きは波のように押し寄せる。
    ビジネス書も読んだ瞬間は、モチベーションが上がるが、またさらなるスキルアップやバージョンアップが必要になる。

    この読書の渇きにとつきあうには、渇きとはなんなのか?渇きはどこからくるのか?と問いをたてて考えながら渇きを癒すのではなく、渇きと程よくつきあって共存していくのが良いと思わせてくれた一冊。

  • あぁ‥かっこいい。
    『街場の文体論』も読みたい。

    私には難しいかなと探るように読み始めだけれど、とても読みやすかった。(理解したかどうかはともかく)
    知らない書名、知らない人のオンパレードだった「文芸棚」「人文棚」「ウチダ本棚」の章からとにかく楽しかった。
    そして「教育棚」「著作権棚」「表現とリテラシー」には比較的身近に感じる話題について、目から鱗な話がハッキリキッパリ書かれていた。格好良かった。
    「卒論の書き方」なんて、学生の時に読んでいたら‥!と、どうしようもないことを考えてしまう。

    一番興味深かったのは著作権についての考え方。
    そして人とともに「死ぬ」言葉のこと。
    人通りの多い場所で読んでいたのに、しばらく周りの音が聞こえなかった。
    止まった時間の中で読んだようだった。

  • 1文芸棚
    軽快な語りである。本読書が著者との対話であるというなら、慣れてきた、文体、構成、話の進め方など。取り扱いの本は、軽い内容ではないと思うのだが、分かりやすく、扱っている技がある。
    2人文棚
    じんぶん、ちんぷん、長い文でさっぱり分からず。
    3内田棚
    自画自賛でも、おもしろい、読んでいない著作が多かった。
    4教育棚
    歌わざる英雄は何故、教育なのだろう。教えるものなのか?誰かがいわなければ分からないのだろうが、学生向けで分かる教育なのか?
    運がいい、という表現がとても気に入った。
    学ぶ力中学2年生が対象なのか。まさに好対象な時期ともいえる。これが大学に入ると込み入ってしまうのは何故だろう。
    6著作権不明
    グーグル、クラウドとネットが発達してきた以上、著作権を保護することは難しい。著者の利用可の考えは、とても好きである。また、中国の著作権に対しての指摘も最もである。擬似著作権についての話は知らなかったこと。「戦敗加算」なるものが敗戦国にいたとは驚きである。アメちゃんの考え方はフェアではない。

    ブライアン・ウィルソンの気鬱は心を打つものがあった。

  • 「爾来私は書物について《出力性》を基準にその価値を考量することにしている」 出力性てのは読んだあとに何かしたくなることらしい、例えばビールが飲みたくなるとか。この本は本が読みたくなって、文章を書きたくなりました。

  •  ブログから書物に関するエッセイ的なモノを寄せ集めた一冊。しかし、面白い。
     内容に関わらずサクサク読めてしまい、かつ、いちいち腑に落ちる。この技法に相変わらず唸らされます。
     実は読んだ後にあんまり内容が頭に残ってないのに、なんだかわかんないけど妙にモチベーションが上がっちゃうんですよ。
     だからブログをまとめただけであっても、同じような内容を繰り返してるだけでも、ついつい読んでしまうんだなぁ。

  • 重度のタツラー(内田樹の読者)であるわたしは、
    ここに書いてあることの大半を一度別のところで読んでいる。
    それでもやっぱり面白い。

    ひとつ、
    この本が読書論であるところの所以は、
    読書によってリンクする様々な思考を展開してみせているところだろう。

    本書では、
    読書を「scan」と「read」の二つに分けている。
    わたしはその先に「link」があると思う。

    つまり読書は、
    「今ある自分の知識・思考」と、
    「本に書いてあること」を繋ぎ合わせる(「link」させる)ことだと考えている。

    著者は、
    スワヒリ語40単語を覚えるプログラムの話を引いて、
    「脳の機能は「出力」を基準にして、
    そのパフォーマンスが変化するのである。
    平たく言えば、
    「いくら詰め込んでも無意味」であり、
    「使ったもの勝ち」ということである」
    と書いていることから、
    知識を使うことの重要性を説いており、
    本書ではまさに「自分の知識を使って本を読み解く」
    という前述したことを体現しているのである。

    わたしが毎日シコシコと日記をしたためるのも、
    こうした修練の一貫であると言える。

  •  内田さんには、いつも頭と常識をかきまわしてもらうのを期待しているのだが、今回は励ましてもらった。

    (1)情報強者とは、自分に必要な情報があるときに、「教えて」といえば、「うん、いいよ」という人のところにホットラインがつながるようにネットワークが構築されている人のことである。(p366)

     復興のことで、本当の現場の情報をするためにネットワークづくりをしていた自分にぴったり。

    (2)人間がいきてゆくために本当に必要な力についての情報は、他人と比較したときの優劣ではなく、「昨日の自分」と比べたときの力の変化についての情報なのです。(p285)

     もともと強い劣等感にさいなまれている自分としては、自分自身の力を少しでも伸ばすことに価値を見いだしたい。

    (3)共同体はそのメンバーのうちで、もっとも弱く、非力な人たちであっても、フルメンバーとして、自尊感情をもって、それぞれの立場で責務を果たすことができるように制度設計されなければならないと思っているからです。それは親族や地縁集団のような小規模な共同体でも、国民国家や国際社会のような巨大な共同体でもかわりません。(p244)

     今回の本は、ちょっと心が弱っているので、励みになりました。

     参考文献。ローレンス・トーブ『3つの原理』(ダイヤモンド社)、平川克美『株式会社という病』(文春文庫)『移行的混乱』(筑摩書房)、難波江和英ほか『現代思想のパーフォーマンス』(光文社新書)

  • 本のガイドというよりも、引用した上での思考哲学といったほうが正しい。しかし、いつもの論評よりはテンポが軽めなのでさくさく読める。
    ジョルジュ・サンドの『愛の妖精』やケストナーの『飛ぶ教室』ってそんなにおもしろいのか、読んでみたくなった。

    読みやすい本のコツとは、コミュケーション・プラットホームの構築。読者に対してゆっくりと理解を得ながら進む文章。目から鱗が落ちる指摘。いい本を書く人は本に対する感性が鋭い。

    著作権に関する論評も納得。質を問わずに数だけ捌こうとする出版ビジネスにうんざり。

  • これは手元に置いておきたい本。

    著作権棚の章が面白かったなぁ。
    たぶん最近もやもやと考えている事柄についてだから。
    作家さんのTwitterとか見ていると、
    図書館で本を借りて読むことへの否定的な意見もまーちらほら目にする。
    で、それに対してなんだろう、なんか違和感を感じていて。
    お金を払わない読者は作家に取って不要なんだろうか。とか。
    そういうのぐるぐる考えていたので、この章が興味深かった。

    そしてここでも内田さんの論というのは、贈与がベースになっている。
    私たちの読書体験は必ず、贈られたもの、無償のものから始まる。
    あぁ、なるほどなぁって。
    すっごく個人的な感覚なんですけど、図書館で本をたくさん借りる方って、
    基本的にご自分でも本をバンバン購入しているんですよね。
    それがこの章で言われている「『無償で読む読者』が増えれば増えるほど、『有償で読む読者』予備軍は増える。」ということなのかなぁ。

    他にもいろいろ考えるところがあるので、とりあえず何度か読み返したい。

  • 広い意味での読書。 どんな場面でも読書の必要性がわかった。 ただ、どうしても読書の幅が狭まるのを広い観点から本を模索していきたい。

  • 教授(あ、「元」教授が正しいのか。まあいいや「教授」で)が本について語ったブログをまとめたもの。私は教授お気に入りの高橋源一郎氏がいまいちピンと来ないので、うーんそうかなあと思うところも結構あるけれど、以下の所はいたって面白かった。

    「痩我慢の説」福沢諭吉
    リアリスト福沢諭吉の「公的」「私的」のとらえ方に唸る。「国民国家なんてのはただの擬制だよ。だがね、人間というのは弱いもので、そういうものにすがらなけりゃ生きていけやしねえ。その必死さを俺は可憐だと思うのさ」。なるほどねえ。

    「ヨブ記」
    「私たちは私たちの手持ちの度量衡では考量できないもの、手持ちの言語では記述できないものに取り囲まれている。……誰かが境界線を守護しなければならない。……そのような仕事をする人のことを『歩哨(センチネル)』と呼んだことがある」
    村上春樹氏がほとんど同じことを書いていたなあ。

    「他者と死者」「レヴィナスと愛の現象学」
    ずーっと前から読もうと思ってるんだけど…。なかなか踏ん切りがつかないのだなあ。

    「若者よ、マルクスを読もう」
    なぜかつての若者達がこぞってマルクスを読み、今は読まれなくなったか。日本人は、ベトナム戦争が終わったあと、「疚しさ」を感じる相手を見失ってしまったから、と教授は言う。
    「共同体はそのメンバーのうちで、もっとも弱く、非力な人たちであっても、フルメンバーとして、自尊感情を持って、それぞれの立場で責務を果たすことができるように制度設計されねばならない」
    「共同体を作り上げ、運営してゆくためには、どうしてもそれなりの数の『大人』が必要です。(中略)その持てる資源を自己利益のためではなく、かたわらにいる弱く、苦しむ人たちのために用いなければならないと考える『大人』が必要です」
    「マルクスを読み、マルクスの教えを実践しようとすることは、近現代の日本に限って言えば、『子どもが大人になる』イニシエーションとして、もっとも成功したモデルの一つでした」
    こういう切り口で60年代から70年代の若者をとらえたものは他にないと思う。ノスタルジックな思い入れや、「未熟ゆえの暴走」的なとらえ方ではないところがとても好きだ。

    「『世界の最後』に読む物語」
    「書物はもともと商品ではない」おお!全くその通りだ。ニーチェの「ツァラトゥストラ」は自費出版で四〇部刷られ、世に出たのはわずか七部。フーコーは「言葉と物」を出版するとき、その内容を理解できる読者をフランス国内で二千人ほどと見込んでいた、などなど。
    「彼らの書物は同時代人の『あらかじめ存在していたニーズ』には対応していない。だが、その書物が出現したことによって、世界はその書物が出現するより前とは違うものになった」

    思想とイデオロギーの違いについてもたいそう頷かされた。
    「逆説的なことだが、思想の公共性を支えているのは『孤立していることの自覚』であり、イデオロギーの閉鎖性を作り出すのは『圧倒的多数が自分と同じ意見であるはずだという無根拠な信憑』なのである」

  • 「街場シリーズ」でおなじみの内田樹さんの本。
    内田さんの本からは、いつも新鮮な発想で、多くの気付きを与えてもらえるので、本屋で見かけて、即買いしました。

    今回は、読書エッセイ。
    この本を読むと、内田さんの独自でユニークな発想は、読書によって、生まれているということがわかります。

    内田さんは、一冊の本から、本当に様々なことを考えているんですよね。

    つまり、読書を、なんとなくするのではなく、読んだ本の内容を一度自分の中で、揉むことが大切ということなのかもしれません。

    今回も、多くの気付きを与えてもらったので、これを自分の中で、しっかり揉んでいきます。

  • ブログで読み、「いつもの」口調な本だけれども、それでも読む価値の高い本。何度読んでもいいのですね、射程の長い本は。

  • ウチダ的知性を形作る「読書」と、「表現」についてのエッセンスを凝縮した一冊。
    “本はなぜ必要か?”“「文学」はなぜこんなに売れないのか?”“タフで柔軟な知性は、どのような読書経験から生まれるのか? ”
    それらの答えがぎゅっとつまったエッセイ集。著者史上、最厚の416ページでの登場。

  • 12/04/14。

  • ブログで一度読んだものが多かったが、それでもあらためて目からウロコ。

  • 髫?°繧蛾嚆縺セ縺ァ縺弱▲縺励j縺ィ縲√?後◎縺?◎縺?シ√?阪→縲後↑繧九⊇縺ゥ繝シ縲阪→縲後h縺上o縺九i縺ェ縺?¢縺ゥ蜍牙シキ縺励※縺セ縺溯ェュ繧ゅ≧縲阪′隧ー縺セ縺」縺滓悽縺?縺」縺溘?よ─諠ウ縺ッ縺溘¥縺輔s縺ゅk縺ョ縺?縺代←縲√≠縺ィ縺後″縺ァ縲瑚ィ?闡峨′莨昴o繧九→縺?≧縺薙→縺ッ縺ゥ縺?>縺?%縺ィ縺九?阪→縺?≧譛ャ譖ク縺ョ繝??繝槭↓縺、縺?※縲√?瑚?縺肴焔繧?ェュ縺ソ謇九′縺昴?繝。繝?そ繝シ繧ク繧偵?手?蛻?ョ帙※縲上□縺ィ諤昴≧縺薙→縲阪□縺ィ縺?≧縺上□繧翫?譛ャ蠖薙↓縺ェ繧九⊇縺ゥ縺ィ諤昴▲縺溘?ゅ?瑚?蛻?ョ帙※縲阪?繝。繝?そ繝シ繧ク縺ッ縺昴?蝣エ縺ァ逅?ァ」縺ァ縺阪↑縺上※繧り?蛻?ョ帙※縺?縺ィ繧上°繧九?√→縲ゅ□縺九i縺吶▲縺ィ隱ュ繧√k隱ュ縺ソ迚ゥ縺ィ縺昴≧縺ァ縺ェ縺?b縺ョ縺後≠繧九?縺ュ縲

    荳玖ィ倥?譛ャ譁?クュ縺ァ譛?繧ょ?諢溘@縺溘→縺薙m:
    蟆剰ェャ繧定ェュ繧?縺ィ縺?≧縺ョ縺ッ(蜩イ蟄ヲ縺ァ繧ょ酔縺倥°繧ゅ@繧後↑縺?¢縺ゥ)縲∝挨縺ョ譎ゆサ」縺ョ縲∝挨縺ョ蝗ス縺ョ縲∝ケエ鮨「繧よ?ァ蛻・繧ょョ玲蕗繧らセ取э隴倥b萓。蛟、隕ウ繧る&縺??∝挨縺ョ莠コ髢薙?蜀??縺ォ蜈・繧願セシ繧薙〒縲√◎縺ョ莠コ縺ョ霄ォ菴薙→諢剰ュ倥r騾壹§縺ヲ縲∵悴遏・縺ョ荳也阜繧堤オ碁ィ薙☆繧九%縺ィ縺?縺ィ遘√?諤昴▲縺ヲ縺?k縲ゅ?荳ュ逡・繝シ 縺?縺九i縲∫ァ√′蟆剰ェャ繧定ゥ穂セ。縺吶k譎ゅ?縺溘>縺帙▽縺ェ蝓コ貅悶?縲∫ァ√′縺昴%縺ォ蠏悟?縺励?∝酔隱ソ縺吶k縲瑚劒讒九?霄ォ菴薙?阪?諢溯ヲ壹′縺ゥ繧後¥繧峨>繝ェ繧「繝ォ縺ァ縺ゅk縺九?√→縺?≧縺薙→縺ォ縺ェ繧

  • この本を読んでいるとあたかも内田樹さんが目の前に座ってらっしゃって自分に語りかけているような、実際に講義を受けているかのような錯覚をしてしまう。著者との距離が近いように感じる。耳元で彼の声が聞こえてくるような、文字列には収まりきらない何かが伝わってくるような本だった。この本をよむにあたって、ある程度の(前のめりになって話を聞くような)知的好奇心やある程度の日本語の運用能力が要されていることは確かだが、それでもこの本は外に開かれた(この表現が適切なのかどうかわからないが)、どんな読者も見下すことのない親切な本だと感じた。今までにも気になった本を手にっとて実際に読んでみるものの、読み始めて直ぐ自分は筆者の想定した読者には含まれていないんだなぁ、という感がする。それがこの本には無かった(筆者自身も文中で言及している)。
    ここで幾つか自分がハッとさせられた、もしくは今まで消化できなかった疑問を消化する助けになったものを『街場の読書論』から抜粋する。もし以下の文章を読まれて本書の内容が気になった方は、ブログで該当記事(筆者は文章をブログに投稿されていて、全てタダで読める!!)ので、そちらで探されるか、また本書をお求めになる事をおすすめします。
    「私がものを書いているとき、書いているのは半分かた「別人」なのである。この「別人ウチダ」が憑依しているときに書いたものは、ふだんの私には再現できない。」(『街場の読書論』「おでかけの日々」p124より引用)
    言語を以って説明できなくても、体験的にこれを知っているかたは多いのではないでしょうか。自分だけではできなかった筈のことがなぜかできてしまった。それを内田さんは「別人ウチダ」と表現されたのかもしれない。以前通っていた中学の国語の教師はそれを「コビトさん」と呼んでいた。その先生は本書の筆者に私淑されていて、課題プリントとして筆者の文章を読むことも多かった(すごく楽しかったです)。まぁとにかく大事なのは「それ」をどう呼ぶかでなく、「それ」(僕は国語の先生に倣い「コビトさん」と読んでいる)に対して敬意を払うことである(と思う)。つまり、自分が成したことの全てを自分の手柄だと考えるのはどうなの?ってことかと。「コビトさん」(以下「コビトさん」)にも休みは必要だし。不調に陥ることもあるだろう。知性が全て自分のコントロール下にあると考え、「コビトさん」への配慮を忘れていると、次第に今までできていた「できなかったことができる」ができなくなり、自分の力量でのみできることに限定されてしまうんじゃないかな(随分とややこしい言い方になってしまいました)。そういう自分の知性に対するリスペクトってのが結局自分の為にも、そして「コビトさん」の為にもいいんじゃないのかな。自分の知性なんてままならないものなんだ、そう認識しておくほうが良いかもしれませんね。
    「幾つか抜粋」なんて言っておきながら、結局一つしか引用しませんでした。やっぱり自分が読んだ内容を自分なりに解釈して言語化する、このプロセスって頭使うものなんですね。疲れちゃいましたよ(楽しかったけど)。でもやっぱりこの「楽しい」って感覚がないとこういう風にものを自分なりに深く螺旋状に(直線的に掘れるほど易しくないので)掘り下げていくことはできないんですかね。自分は楽しいからそうしているんですけど(そうしなくては、と感じることもある)。本書『街場の読書論』は色々と得るものが多く、決して読者を「見下す」ような本ではありません(すっごく親切)。読みおえた後、「また読むことになりそうだな」という確かな予感がした(長い付き合いになりそうですね)。ここまで私の拙い文章に付き合ってくれた方に「読んでみようかな」、と思っていただけたら嬉しいです。では。
             
                              

  • 読書本はただ本の紹介か感想が書いてあるだけのことが多いが、内田氏のものは、著書の論考がふんだんに盛り込まれており、色々な刺激がある。いくつか読んでみたいなという本があったので、参考にまたいくつか物色してみよう。

  • ワークショップ・デザインなどをやっていると面白い視座からの提言は必要。これからは内田さんの書籍を読み直し、読み直し、そこから発案しようと画策している。

    思考停止に陥らず考え抜くとはどういうことかを身をもって示してくれている先達だと思う。これからも是非新しいものを提供いただきたいと思う。

    内田さんのマンガの趣味が自分のと結構合うのにビックリ。是非お会いしてお話ししたい。

全108件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

うちだ・たつる 1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。ブログ『内田樹の研究室』。



「2019年 『そのうちなんとかなるだろう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

街場の読書論のその他の作品

街場の読書論 Kindle版 街場の読書論 内田樹

内田樹の作品

街場の読書論を本棚に登録しているひと

ツイートする