• Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778313333

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2012年からのオウム分析リバイバルの始まりのインタビューだが始まりにしては濃いと言えるか。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

「ひかりの輪」代表。1962年、福岡県に生まれる。早稲田大学大学院理工学研究科修士課程を修了後、宇宙開発事業団(現・宇宙航空研究開発機構)に。大学院在学中にオウム真理教に入信、宇宙開発事業団を1年で退職し出家。地下鉄サリン事件発生時にはモスクワに滞在、事件後に帰国し教団のスポークスマンとなる。偽証罪で逮捕され、出所後「アレフ」代表となるが2007年に脱会し麻原帰依から脱却、「ひかりの輪」を設立した。
著者に『オウム事件 17年目の告白』(扶桑社)、鼎談『終わらないオウム』(鹿砦社)、対談『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)などがある。

「2015年 『地下鉄サリン事件20年 被害者の僕が話を聞きます』 で使われていた紹介文から引用しています。」

atプラス13のその他の作品

atプラス 13 Kindle版 atプラス 13 上祐史浩

上祐史浩の作品

atプラス13を本棚に登録しているひと

ツイートする