芸人交換日記~イエローハーツの物語~

著者 :
  • 太田出版
3.76
  • (60)
  • (69)
  • (56)
  • (16)
  • (7)
本棚登録 : 578
レビュー : 84
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778313548

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とても泣けました。おもしろいとこもあり、読みやすかったです。夢について考えさせられました。

  • 芸能界ってやっぱり大変なんだろうなと思った。 コンプレックスを強調して笑わせておきながら傷付く人もいるだろうし、普通の人なのに一生懸命頑張って面白いネタを考えたり、挙句に新人にいきなり抜かれたり。 そんな苦労を垣間見ることが出来る作品。

    やろうと思っている人は一杯いて、それを実行に移す人はほんの一握りなんです。「やろうと思っていた」と「やる」の間には、実はものすごく大きな川が流れているんです。

    いい言葉だ。

  • 絶対に映画観に行く!

  • 一気読み。泣いてしまった。
    私自身、夢を追ってるわけでも諦めた訳でもない人間なのに、こうやって切なくなれるのは小説のいいところ。フィクションとはいえ誰かの物語を娯楽として消費している不健全さはあるものの。

  • 一行ごとに行替えがあり、まるでライトノベルのように余白だらけ。
    これに金を払うなんて……と、思った。
    もし、書店で見ていたら買わなかったと思う。

    アマゾンで出会えてよかった。
    本当に素晴らしかった。

    小一時間で読み終わったけれど、電車の中で泣いて泣いて大変だった。

  • 鈴木おさむ氏、天才です。
    号泣した。めっちゃ笑った。
    世に溢れている低レベルな自己啓発本よりずっとずっと良い!内村さん監督での映像化、凄い楽しみです!!

  • オードリー若林のあとがき解説が想像以上によかった。

  • 読みやすい。
    帯に3月伊藤くんと小出くんで映画化ってあって、思わす手に取った。
    いろいろ、自分と重ねるところあり、おもしろかった。

  • 読みやすい。おもしろかった。
    映像化しやすいね、これは。
    なので、映画も楽しみ。

  • 軽い気持ちで一時間半ほどで読めた。若手お笑い芸人の悩みや葛藤、生活を少し覗けたようでおもしろかったが、胸にぐっとせまるような感動はなかった。私の性格がひねくれてるのか、ちょっとキレイすぎるだろっていうのが感想。
    でも、キレイなラストだからこそ救われた気もする。

    <夢を諦めるな、もし夢を諦めてもいい時があるとしたら、その夢を諦めてでも幸せにしたい人ができた時だからな>

全84件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

4月25日生まれ、おうし座のO型。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本や舞台の制作・演出、小説の執筆などさまざまなジャンルで活躍中。「秘密のチャイハロ」でまんが原作を初めて手がける。

「2019年 『小説 秘密のチャイハロ(3) 天才子役の秘密』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芸人交換日記~イエローハーツの物語~のその他の作品

鈴木おさむの作品

ツイートする