芸人交換日記~イエローハーツの物語~

著者 :
  • 太田出版
3.76
  • (60)
  • (69)
  • (56)
  • (16)
  • (7)
本棚登録 : 577
レビュー : 84
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778313548

作品紹介・あらすじ

結成11年目、いまだ鳴かず飛ばずのお笑いコンビ"イエローハーツ"。これまでコンビの今後について真剣に話し合うことを避けてきたふたりも、気がつけば30歳。お笑いに懸ける思いは本気。でももう後がない。何とかして変わりたい。そう思ったふたりは「交換日記」を始めることにした。お互いの本音をぶつけ合うために-。交換日記形式で織りなされる、おかしくも切ない「絆」の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・買った経緯
    学生から社会人になりちょっと大人な気がしてそんな時
    ・買った理由
    友人から交換日記しようぜ!と言われて購入
    ・のこってる感想
    やらないとやったの間を教訓にしておる。

  • 夢を追うこと、諦めること
    生活のため...

    夢や思いだけでは、どうにもならないことがある

    交換日記を通じて本音をぶつけあう売れないお笑いコンビ
    お互いを思う深いコンビの絆に胸を打たれる
    特に後半部の日記には涙

  • 読みやすい。

  • 中学生のころに図書館で一度読み、
    なんとなく思い出して7年越しに再読。

    7年前も目がパンパンに腫れたのに、
    今回も嗚咽するほど泣いた。
    確かこうなる結末だったはず。。。と
    分かっていながらも号泣。

    リアルで泥臭い。
    うまくいきすぎないところが良い。
    最後までスピード感があって一気に読んだ。
    舞台や映画でこれを演じられた俳優さんを
    思い浮かべながら読むのも楽しかったな。
    個人的には甲本=田中圭さん、田中=オードリー若林さんのキャスティングは秀逸だと思う。

  • 次に進む人、夢から身を引く人どちらにも大きな勇気と行動力が必要だった。
    『夢を諦めるのも才能の一つ』だなんて今までに無かった考えだった。
    胸の内を何でも明かすのが本当に良いことなのかどうか、という点は考えさせられる。
    あとこの話、「若手芸人あるある」が結構含まれているのですね(笑)
    お笑いが好きでいろんな番組を見るけど優勝を決める番組の裏側までは考えたこともなかった。
    地文がなく日記形式なのが新鮮で、登場人物の気持ちが伝わりやすい書き方だったと思う。

  • 非常に読みやすかった。一瞬で読めた。
    読んでる時、実話なんやろうなぁって思いながら読んでて結構感動したけど
    読み終わってから実話じゃないって知って、
    それ知ったら一つの話としてはそんなに面白くなかった。。
    この話は人気芸人○○の過去の話とかならもっと面白いって思ったと思う。
    そう思うと話の内容だけじゃなくて背景とかもだいぶ大切なんだねぇ。背景で何割増かおもしろくなる

    感想としては、これ読んで、
    今テレビに出てる芸人はほーーーんの一握りで
    テレビに出れたとしても常に競争の激しい世界で、
    きっとほんとに実力があっておもしろいのになぜか売れないみたいな芸人はたくさんいるんだろうなと思うと
    今テレビに出てる芸人はほんとにすごいなぁ!って思った!
    梶原とかフルポン村上とか嫌いやけど、そんな人らもすごい人なんやなぁって改めて思った。

  •  どこかで読んだような読まないような内容であった。

  • 水平是标准的。不过,他是丰富。印税。

  • 映画の予告に引っ張られて読んでみた。
    前半は映画の予告見ててイメージにあったけど、後半こうなるとは。
    前半の流れが好きだった。

  • 話題になったので読んでみた。映画やドラマになる分にはテンポもよく最適なんだろうけど…

全84件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

4月25日生まれ、おうし座のO型。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本や舞台の制作・演出、小説の執筆などさまざまなジャンルで活躍中。「秘密のチャイハロ」でまんが原作を初めて手がける。

「2019年 『小説 秘密のチャイハロ(3) 天才子役の秘密』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芸人交換日記~イエローハーツの物語~のその他の作品

鈴木おさむの作品

芸人交換日記~イエローハーツの物語~を本棚に登録しているひと

ツイートする