統治新論 民主主義のマネジメント (atプラス叢書)

  • 太田出版
3.88
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778314262

作品紹介・あらすじ

国家といかにつきあうか。主権、憲法、民主主義、新自由主義を歴史的な根源から問い直す、二一世紀の政治哲学!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本は、ホッブズ、ロック、ルソー、シュミット、ベンヤミン、フーコーといった哲学・思想の蓄積に学びながら現代の権力についてラディカル(根源的)に考える政治対論だ。
    近代政治哲学が立法権を中心に考えてきたこと(例えばロック『統治二論』)の限界を指摘し、行政の民主的コントロールを焦点化する國分功一郎の素朴な問いかけに、政治哲学の成果を踏まえて理論状況を整理してみせる大竹弘二は、さらに統治が国家の手から離れていく新自由主義化(民営化、外部委託)の流れに着目する。
    「行政権の肥大」は決して新鮮なテーマではないが(この本では行政学の知見にほとんど触れていない)、「立憲主義」が論争のテーマになるほどに政治の正統性をめぐる議論が前景化している今、最新の問題意識と近代史・哲学史の間をいったりきたりするこの対論が「役に立つ」。確かに、時代が哲学を求めている。

  • 2015/2/16

全3件中 1 - 3件を表示

大竹弘二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
古市 憲寿
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする