図解でわかる 14歳から知っておきたいAI

  • 太田出版
2.71
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 61
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778316150

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • AIの全体像掴み視点。
    3章の実例が現実に起こっている話でおもしろい。
    ディープラーニングに至る話は歴史と人物の話なので知っていると退屈かも。
    でもイメージで伝わる。

  • アメリカと日本の捉え方の違いがよく分かりました。
    日本はアトム、ドラえもん…人間とともに共存する存在。一方、アメリカは人間の敵…ターミネーター?戦争の兵器への活用。人と相反する存在との認識であること。何故このような違いができたのか。そこを知る事で、日本での世界に対する知能情報の進む方向性が明らかになるのか。この違いがわかる人はいるのか。

  • 2018/12/26 詳細は、こちらをご覧ください。
    『あとりえ「パ・そ・ぼ」の本棚とノート』 → http://pasobo2010.blog.fc2.com/blog-entry-1201.html
     
    2018/5/29 借りて読み始める。8/27 読み終わる。

    AIのしくみの本は何冊か読みましたが、この本はわかりやすく内容が充実しています。

    AIの発展と利用の良いところは、どんどん活用できるといいですね。

    一方、よく懸念され話題にされる、仕事を取られるのでは、ということに関しては、
    人手不足で困っている仕事はたくさんあるようなので
    目先のことだけでなくと社会全体を考えて対処すれば、いい方向に進むと思います。

    本書で特に興味深かったところや AIの発展で懸念されることを、以下にピックアップしました。
    ずいぶん怖い内容もあり、現実離れしたSFの世界の話のようですが、
    早い時期からきちんと検討すべきことです。

        〜 〜 〜 〜 ☆ 〜 〜 〜 〜 ☆ 〜 〜 〜 〜

    第2部 AIの基礎知識
     P40 戦闘ロボと平和ロボ ― ロボットがAIの頭脳を持つと 日本とアメリカは再び別の道を行く?
       『軍事利用のアメリカ、平和利用の日本』

    第3部 AIで変貌する仕事
     P68 介護 ― 高齢者介護の現場で切実に必要なのは AI排泄支援ロボットではないか
       『介護者の負担軽減が最優先課題』

     P70 セキュリティ ―  AIセキュリティ社会と監視社会の境目はどこに?
       『安心安全の裏側に潜む恐怖』

    第4部 AIと人間の未来
     P82 AI進化への警鐘は 何に対して鳴らされているのか
       『AIについて懸念される問題の多くは、人間の側にある』
        警鐘を鳴らす人 ホーキング、ビル・ゲイツ、イーロンマスク
        楽観的な人   マーク・ザッカーバーク

     P84 AIによる自立兵器ととサイバー攻撃が戦争のあり方を変える
        『AI戦争は、AI兵器の性能の差がそのまま、勝敗を決める』、
       『AIの軍事利用に関し、何らかの法規制が必要』

       『自ら判断し攻撃する殺人ロボット』

    おわりに
     P90 『AIの進化によって問われるのは 人間の「心」と真の英知』
        『心をもたないAIが暴走する前に、どのようにしてその安全性を保障するのか。
        人類の英知は、まさに、ここにかかっているのではないでしょうか。』

  • 仕事がなくなる

  • AIについて過去の歴史から丁寧にわかりやすく書いてあったので、入門編としては最適。
    ただ図表が少しわかりづらいのと、事例がもう少しあると嬉しかった。
    強いAIと弱いAI

  • 人間の言葉の曖昧をディープラーニングで理解することこそAI

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

インフォビジュアル研究所(インフォビジュアルケンキュウショ)
ビジュアルクリエーター
2007年より代表の大嶋賢洋を中心に、新しいビジュアル・コンテンツの開発を目指し、編集者、グラフィックデザイナー、CGクリエイター数名により活動を開始する。2007年より『週刊ポスト』誌上で、ヒット商品の開発の背景と戦略をマーケティングの視点から解説する「だから売れた」の連載を2年弱続ける。以後、『家族を守る!! 放射性物質を除く食事』(綜合図書)など各種単行本や雑誌に、インフォビジュアル・コンテンツの提供を続ける。企画・執筆・制作などに携わった単行本に『だから売れた!』(東京書籍)、『超図解でよくわかる! 現代のミサイル』(綜合図書)、『イラスト図解 戦闘機』、『イラスト図解 イスラム世界』(いずれも日東書院)、『超図解 ニッポン産業をつくった8人のカリスマ経営者』(ファミマ・ドット・コム)がある。
http://inforvisual.information.jp


「2016年 『超図解 一番わかりやすいキリスト教入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

インフォビジュアル研究所の作品

ツイートする
×