能力2040 AI時代に人間する

  • 太田出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (83ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778316945

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 岐阜聖徳学園大学図書館OPACへ→
    http://carin.shotoku.ac.jp/scripts/mgwms32.dll?MGWLPN=CARIN&wlapp=CARIN&WEBOPAC=LINK&ID=BB00607372

    教育基本法「改正」から10年を経て、日本の教育は一層「人材」養成に重きを置き、一定の子どもたちが「問題のある子ども」、「困難を抱えている子ども」へと分類されていく。かれらは「支援」の対象となり、排除された上で現状の価値尺度への適応を求められる。これは国際的な動向でもある。
    「できる―できない」の軸で人びとを判断しようとする価値観は、それに基づく格差を正当化するだけでなく、むしろ平等を実現していると見られている。

    戦後最大の殺人事件と言われた相模原障害者施設殺傷事件と、始業式の日に子どもの自死が最多となる「9月1日問題」。2つの深刻な事態に共通する問題こそ「能力主義」なのである。
    本書では、人びとが能力主義を疑わずに受け入れるメカニズムを解明し、その呪縛から解かれたあとの社会を想起する。(出版社HPより)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1962年、東京都足立区生まれ。中央大学文学部教員。共生や人権をめぐる諸課題について研究。専門は、フランスにおける移民の子どもおよび障害児への教育政策。著書に『フランスの移民と学校教育』(単著、明石書店、2001年)、『教育格差』(共編著、現代書館、2006年)他。

「2018年 『「特別の教科 道徳」ってなんだ?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池田賢市の作品

能力2040 AI時代に人間するを本棚に登録しているひと

ツイートする
×