青い花 1巻 (Fx COMICS)

著者 :
  • 太田出版
3.84
  • (394)
  • (284)
  • (537)
  • (27)
  • (2)
本棚登録 : 2843
感想 : 264
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778320058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『放浪息子』の志村貴子先生。2009年にアニメ化もされてました。2つの女子高を舞台にした女の子達のストーリー。志村先生の絵はシンプルなんだけど、表情一つ一つに暖かみがあって好きです。

    女の子同士の恋が描かれるんですが、坂の上のレトロな校舎、文化祭で「嵐が丘」を演じる演劇部、木棚に開き窓のある図書館と、古風な世界観もあってかすごくファンタジー。行間を読ませる、雰囲気のある作品になってます。1巻は殆ど女の子ばかりですが、今後男女の恋愛も描かれていくそうです。

    元気なあーちゃんと泣き虫なふみちゃんが主人公。女子高の先輩と付き合いながらも、女の子が好きな自分をあーちゃんに嫌われたくない、と思い悩むふみちゃん。それを全く気にしないサバサバしたあーちゃん。安定して見えるこの2人の関係性が今後一体どうなるのか楽しみ。

  • 百合。淡いタッチ。好きになったこが女の子だった、それだけ
    自然に、無理がない、志村貴子はこういうの書かせたら天下一品。

  • 大好きで一緒にいたくてちょっと触れてみたくなって…。親友で女同士だけど。「気持ち悪いと思うけど嫌いにならないで…」淡くせつない恋愛漫画です。絵が透き通るように綺麗で絵本でも読んでいる感覚になる。

  • 雑誌"マンガ・エロティクス・エフ"に連載されていた志村貴子の"青い花"の第1巻です。2009年7月から9月にTVアニメが放送されていました。鎌倉を舞台に、別の女子高に通う万城目ふみと奥平あきらを中心に、女性同士の恋愛と友情を描いた傑作です。百合好きな人は避けては通れない作品ではあるのですが、そこまで直接的に百合やレズ描写をしているわけではないので、普通に広くおすすめできる作品です。丁寧な描写が素敵。

  • 同性に好意を寄せる、高校生ならではの儚げな感じがよく出ている。

    女の子と付き合っている話を聞いて、応援すると言ったあきら。高校生の自分だったら言えない。

    大人になって、思春期の危うさを懐かしく思い出せるからこそ、今落ち着いてこの話を受け入れられる気がする。

  •  ブックパスにて一巻のみ。
     女子高校生たちの恋愛。百合と言うのか。あまりにも幼く儚いもの。
     中学生に手を出す従姉妹……とドン引きした。
     百合百合しくないのでさらっと読める。コマ割りも良い。

  • きれい。なんときれいな。。
    純粋に恋をするということ。触れるといまにも壊れそうな、やわで生えたばかりのなにかに触れた感じの読了感。

    ラストも美しくて純粋に好きになるってこんな感じなのかと。
    じっくり自分と重ねながら読める。
    ラストもよかった。

  • 絵がきれい。お話はたんたんと。「応援」にぐっときた。

  • あーちゃんの純な性格に癒される。ふみちゃんは裏切られたって思ってしまうのはしかたないし、ちょっと短絡的に流されるところも、思春期らしいなぁ、と思ってしまう。心の機微の表現が巧み。

  • ラストがほんと良い。

全264件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1973年、神奈川県生まれ。1997年、『ぼくは、おんなのこ』でデビュー。代表作『青い花』『放浪息子』はテレビアニメ化された。2015年、『淡島百景』が第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。その他、『こいいじ』『娘の家出』『敷居の住人』『どうにかなる日々』など、著書多数。また、アニメ『アルドノア・ゼロ』『バッテリー』のキャラクターデザイン、小説の装画など、マンガ以外にも活躍の場を広げている。2020年、『どうにかなる日々』のアニメが劇場公開予定。

「2022年 『おとなになっても(7)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

志村貴子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
魚喃 キリコ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×