学校 (OHTA COMICS)

著者 :
  • 太田出版
3.57
  • (14)
  • (10)
  • (37)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 144
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778320126

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ■学校
    雨に降り込められた、シンメトリカルな構成。
    不思議な世界観。
    映画で見てみたい。
    ■渚にて
    作中の白眉。
    確かに「忘れられない肌」というものがある。
    ただの助平心ではなく、何かしらの郷愁をたたえている。
    この作者の描くセックスは、熱狂よりもむしろ退屈のがわに属している。
    男も女も退屈な気持ちでセックスをし、それなりに満足したりしなかったり。
    なぜかしらトリュフォーの「隣の女」や「柔らかい肌」を思い出す。
    ■ファンシー
    ペンギン……。
    何の寓話かはわからないが、インパクトは強い。
    ■青春劇場
    ■いいわけ
    ■素晴らしき新婚旅行
    ■鶏男 
    ■プノンペンの秋

  • 2016年11冊目

  • 薦められて読みましたがとってもおもしろかったです。すこしふしぎなおしゃれエロマンガ

  • 素晴らしいです。やはりエロ漫画の芸術だ。

  • 随分前に借りて読んだなぁ……と、不意に思い出したので、
    枯れ木も山の賑わいレビュー(←このフレーズ使い回しまくり☆)
    現実とシュールとナンセンスの間を行き交う、エロ寄り短編マンガ集。
    ある学校の中で起きている複数の出来事を同時進行で描出した、
    閉塞感とカタストロフの予兆を孕んだ表題作は
    一読の価値ありかもしれない、が――後はどうでもいいや(笑)
    その学校のイメージを表現した表紙は好き。
    岡崎京子『ジオラマボーイ・パノラマガール』津田沼春子の内的独白
    「150mぐらい大きくなってみんなふんづけてやりたい」(p.10)を連想させる、
    などと勝手に思う。

  • 「そうですよ」「うそですよ」表題作をパラッと読んで大好きになってしまいました。

    学生時代わたしにとって校舎は息づく大きな生き物であり、教室はその臓腑であり、雨が降ると閉鎖空間になって、中で出所もわからない噂だの茶番だの足音だのが出口を見つけられずに響きさ迷っているような。全部気のせいなんですけど
    そんな空間がはてもなく広がっていそうな錯覚を楽しんでいたもので
    そこに
    「おおいみんな出てこいよお」
    「もっと大きなここよ」
    で与えられるメタ的視線。きもちいいなあ。

    他には「渚にて」「ファンシー」「鶏男」「素晴らしき新婚旅行」など、大好きです。でも説明できない。力がない。

  • 表題作はやっぱり素晴らしい。
    何度読んでも素晴らしい。
    詩的で何だかわからないけど素晴らしいのです。

  • 当然だがエロイしエグイ。
    まさかスカトロ描写があるとは…油断してました。

  • 普通は人間と人間のセックスを描く山本直樹だが人間とペンギンの関係を描いてるのをみてびっくりした。人間とペンギンのセツクスシーンが無くてよかったような。あ〜ん遅刻遅刻ぅー

  • エロとグロのバランスがいい。
    ペンギン詩人の『ファンシー』と、
    ありえない『いいわけ』が好き。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家:
山本 直樹(やまもと なおき、1960年2月1日 - )は、日本の漫画家(大学時代は同人漫画家活動も実施)。北海道松前郡福島町出身。北海道函館中部高等学校、早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。劇画村塾3期生。水瓶座、血液型AB型。主に青年漫画を執筆。

「Wikipediaから引用しています。」


博士:
慶応義塾大学准教授、博士(情報理工学)。1976年 生まれ。東京大学工学部卒業、東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了。カリフォルニア工科大学研究員、オーストラリア国立大学研究員、慶応義塾大学専任講師を経て現職。研究分野は原子・分子・量子エレクトロニクス、制御・システム工学。

「2015年 『複素関数論の基礎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

学校 (OHTA COMICS)のその他の作品

学校 Kindle版 学校 山本直樹

山本直樹の作品

ツイートする