ライチ☆光クラブ (f×COMICS)

  • 太田出版
3.98
  • (676)
  • (375)
  • (650)
  • (17)
  • (8)
本棚登録 : 3783
レビュー : 424
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778320171

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 年下の友人で
    グロテスクや個性的な漫画ばかり
    持っている子が居て
    その子に
    グロテスクな漫画で
    オススメはある?と聞いたら
    ライチ光クラブは
    一番の傑作ですが
    グロテスクに耐性がある私でも
    キツかったですから
    オススメかと言われても
    なんとも言えません
    軽い気持ちでは
    買わない方がいいです


    そう言われ
    どれ程の物か、
    気になったから購入しました

    結果、素晴らしい作品でした
    大人には酷いですが儚くて脆く

    憎み合いライチを
    作成し
    最終的には悲しい結末
    描写はかなりグロテスクですが
    古屋兎丸さんの
    絵の綺麗さには惚れ込みました

    ☆☆少々ネタバレ☆☆


    個人的には
    ジャイボや雷蔵が
    一番グロテスクな
    死に方だったと思います

    美しさに惚れ込み
    顔は止めてと言い
    顔を引きちぎられる雷蔵

    ゼラに惚れ込み
    大人になるのが嫌で
    ゼラが
    カノンに美しいと言った事から
    カノンに
    手をかけようとするジャイボ
    そしてライチに頭から潰される


    ジャイボの死に方には
    吐き気と悲しさが
    入り混じりました


    あの後、
    カノンはどうしたのか
    気になります。

  • 合う人と合わない人でかなり好みは分かれると思う。
    個人的にはかなり好きなお話でした。
    中にはかなりグロテスクな描写も含みますし(特にラストシーン)やほのかにBL要素がありますので耐性の無い方にはかなりキツイと思います。

  • 映像化不可

  • 正にTHE・見世物小屋の世界
    劇場版の監督は「先生を流産させる会」の人らしいがR-18以上でなければつまらないと思うんだよな・・・

  • 70年代のアングラな雰囲気の中、グロテスクな描写とJUNEの耽美な色香漂う少年達の狂気の物語。残酷な描写に目を背けたくなるのに背けられない怪しい魅力と美しさがある。
    ライチと少女の純愛は美女と野獣とかロストチルドレンを思い出す。そして絶対的カリスマのゼラのなんと未熟で凶悪で美しいことか。実際にあった舞台に古屋さん独特のアレンジや設定が加えられる事により、少年期の危うさや残酷さがより表現されていると思う。
    とはいえ映像的に受け入れられない人は多いと思うし、同性愛やグロ描写に耐性のある方でないとかなりキツい。それでも何故か美しく感じてしまうところがこの作品の魅力だと思う。

  • 友人が貸してくれたライチ☆光クラブ。自分が手を出すカテゴリでは無いけれども、グロテスクさもエロティックさも、あの繊細な線で全てが吹っ飛んでしまうぐらいの描き込み量。グロい場面でもじっと描写を見つめてしまいます。最後にゼラの人間的な醜態を見てなんだかホッとした気が。

  • “「悲しいお話はもうお終いよ!踊りましょうライチ!」
    『踊り…』
    「ライチ 私達は大きなお城にいるのよ
    そして私はお姫様 ライチは魔法で怪物に変えられてしまった王子様なの」
    『王子』
    「ライチ…私には見えるわ ライチは踊ってる間だけ人間に戻ってるの
    人間のあなた素敵よ とっても素敵…」

    「久しぶりに踊ったら疲れちゃった
    今夜はライチも一緒に眠りましょう そしたら同じ夢が見れるかもしれないもの」
    『夢…』
    「おやすみライチ」
    『おやすみカノン』”[P.227]

    うわぁなんだこれグロテスク……というか怖い。
    絵の描き方凄いなぁ。

    Thanks to K.H.

    “「いいえ違うわライチは人間だわ 本物の人間だわ」
    『人…間… カノンと…同…じ』
    「そうよライチは人間になったわ
    素敵よ…とてもかっこいいわ」
    『カ ノ とて…も きれ… ずっと一緒に…』
    プツン”[P.309]

  • これ読んで兎丸さんのファンになった。
    グロいっちゃグロいのに、綺麗な雰囲気がある感じ
    タミヤ男前!

  • さーっぱりわからん

  • グロテスク・スプラッタ・同性愛などハードな描写が含まれているので苦手な方は注意。
    ショッキングなシーンが多いです。

全424件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

古屋 兎丸(ふるや うさまる)、1968年東京都生まれ。
多摩美術大学美術学部絵画科(油絵専攻)卒業。卒業後、アーティストを目指しながらイラスト描きのアルバイトで稼いでいたが、漫画家への転身を決心。『月刊漫画ガロ』1994年9月号に『Palepoli』(パレポリ)でデビュー。
代表作に『ぼくらの☆ひかりクラブ』や映画化もされた『帝一の國』、『女子高生に殺されたい』などがある。

ライチ☆光クラブ (f×COMICS)のその他の作品

ライチ☆光クラブ Kindle版 ライチ☆光クラブ 古屋兎丸

古屋兎丸の作品

ライチ☆光クラブ (f×COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする