青い花 2巻 (Fx COMICS)

著者 :
  • 太田出版
3.88
  • (142)
  • (116)
  • (178)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 1216
レビュー : 60
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778320324

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 雑誌"マンガ・エロティクス・エフ"に連載されていた志村貴子の"青い花"の第2巻です。2009年7月から9月にTVアニメが放送されていました。前巻よりも一步進んだ好きという感情で悩む姿が愛おしい。なかなか癖のあるキャラが多くて、先の展開が読めない。百合作品とか関係なく面白い作品です。作品の持つ爽やかな空気感が好き。

  • 杉本家の女性陣がすごすぎて、恭己が割と普通に見える。家族にカミングアウトして、困らせたいのか構って欲しいのか。家族といる時には年相応の女の子に見える。

    あーちゃんが友達思いの一生懸命な子なので、そこが安心する。

  • あーちゃんの深い純愛が救い。杉本先輩は中と外でだいぶ違って、一気に人間っぽく感じられる。女子のひそひそ話が妙にリアル。腹に抱えているものをしれっと隠してニコニコしてないと、女の世界は生きていけない。

  • 杉本先輩かっこよすぎるうう
    高校生とは思えん。

  • 4〜5

  • 杉本四姉妹はみんな個性が強いなぁ〜
    。あの家族では男は肩身が狭そう。

    姉の恋人に横恋慕する杉本先輩も、京子ちゃんもふみちゃんも、みんな切ない…

  • 表紙が好き
    あーちゃんとふみちゃんにくっついてほしい

  • いろいろな人との関わり合い、できごとの中で、少しずつ心が動かされていく様を、本当に丁寧に描いているのだけれど、物語の人の名前を覚えるのが得意でない自分にとっては、登場人物が多いだけで、少しずつ薄まっていきイマイチ没入できていない。人物は(絵的に)十分描き分けられているようには思うので、これは純粋に受け取り側の自分の問題かな。
    ただどうやら、この先の巻のあらすじを読むと、人間関係が変わっていく様子。その前提で読むと、いろいろ見えてくるものがありそう。ストーリーを追う物語ではなく、話の流れを知った上で読み込んでいく(あるいは再読前提)のが正しい読み方なのかも。雑誌連載/コミックレンタルで読むより、まとめ読み向きかな。

  • 杉本先輩が素敵すぎる…
    あーちゃんのセリフじゃないけど誰でもやばいでしょ。
    いいなぁこの世界観。

    2013.12.15読了

  • 甘く切ない、女の子同士の恋物語。
    百合好きさんにはたまりません…♡

全60件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1973年、神奈川県生まれ。1997年、『ぼくは、おんなのこ』でデビュー。代表作『青い花』『放浪息子』はテレビアニメ化された。2015年、『淡島百景』が第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。その他、『こいいじ』『娘の家出』『敷居の住人』『どうにかなる日々』など、著書多数。また、アニメ『アルドノア・ゼロ』『バッテリー』のキャラクターデザイン、小説の装画など、マンガ以外にも活躍の場を広げている。

「2018年 『こいいじ(9)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青い花 2巻 (Fx COMICS)のその他の作品

青い花(2) Kindle版 青い花(2) 志村貴子

志村貴子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
浅野 いにお
有効な右矢印 無効な右矢印

青い花 2巻 (Fx COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする