ばら色の頬のころ―when I was thirteen (F COMICS)

  • 太田出版
3.98
  • (445)
  • (289)
  • (419)
  • (17)
  • (5)
本棚登録 : 2656
レビュー : 212
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778320362

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中村明日美子さんの漫画で初めて読んだ作品でした。


    『昔話をしよう … 
       あの頃僕らは ばら色の頬をした少年だった 』

    「J」シリーズの前日譚

    ポールとモーガンの話です。
    個人的にクリーンヒットなキャラクターでした。


  • 明日美子さんの作品ではじめてみたのがこれでした。
    最初の感想が「なんて言えばいいかわからない・・・」
    といったぐらい衝撃的に印象に残った美しいもの。
    明日美子さんの漫画は全部買っても損しないと、友人の間でも話題です。


    表紙見た時に最初某魔法学校のケンカップルだと思ったのは内緒^^^^^^

  • うわー買う順番まちがった!!Jを読まなくちゃ!!

  • 中村先生の本は全部所持してますが、ばら色とJの総ては別格して好きな作品。
    勿論、その他の作品も全てが素晴らしく、読み終わりにザッと鳥肌が湧くような感動があります。
    ばら色の頬の頃は、Jの総てのポールとアンドルーがまだ中等生だったころのサブストーリー。
    これを読めば、Jの総てだけでは解らなかった部分も愛おしくなること間違いなしです。
    2007年と最近の作品なので、絵は最近の中村先生仕様。
    帯びコメイラストはオノナツメ氏と、超豪華です。

  • (●_●)←目で語ってみる。伝わったか?

  • モーガンのかわいさは異常
    年を取るにつれて人間関係も変化していくところにときめく
    自分の思うように上手くいかないといらだちが隠せない年頃から、年を取って誰に対しても穏やかになる所まで

  • 急に久しぶりにBLなんてよみたくなった。
    最近のBLではやってる作者みたいですね。
    評価が高いから期待したけどちょっとがっかり。
    ストーリーも普通だし、(むしろ世界観がもろ巨匠のパクリ)
    正直嫌悪感のが強かった。
    なんだろ〜・・なんか安っぽい耽美にかんじる。

  • 「Jの総て」外伝だが、これ1冊でも十分読める。だが巻末のおまけ漫画はネタバレなので、やはり本編を読んでからがいいと思う。
    個人的に、本編よりもエグさが無いので読みやすかった。本編と通して読み終わって、かなり好きな部類に入る漫画。描かれている人間関係が良い。

  • 「Jの総て」を読んでみなくてはいけないなーと思う作品でした。
    アンドルーみたいな男性がわたしはタイプだから彼が異性愛者ならきっと好きになってしまうな。
    ほんとにほんとに素敵に思えましたよ。
    中学生って漫画の世界だと随分大人だよね、って思った。

  • 視覚的にもストーリー的にもキリキリと痛みの走るような感覚。モーガンみたいな直情的で報われない少年はかなり好みです。

    この作品は「Jの総て」の過去にあたるらしい。で、私「Jの総て」は未読なんですけど、「ばら色…」や「Jの総て」の表紙画像を見ると、ポールと巻き毛の子の話っぽいような。だとしたら、モーガンに移入した状態で読んでたのに…ねぇ。という感じです。やっぱり出版された順に読むべきだった。

全212件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

中村 明日美子(なかむら あすみこ、1979年1月5日 - )は、日本の漫画家。神奈川県出身。女性。血液型O型。
小学1年生から漫画を執筆しており、2000年の大学時代に『月刊マンガF』(太田出版)の第3回エロティクスマンガ賞で佳作を受賞。同年10月、受賞作「コーヒー砂糖いり恋する窓辺」(単行本『鶏肉倶楽部』(2002年)収録)を同誌で発表しデビュー。その後も『月刊メロディ』(白泉社)、『月刊flowers』(小学館)への投稿を継続し、両誌でデビュー。『マンガ・エロティクスF』以外では、ボーイズラブ、少女漫画、挿絵などを多数の雑誌で発表している。

ばら色の頬のころ―when I was thirteen (F COMICS)のその他の作品

ばら色の頬のころ Kindle版 ばら色の頬のころ 中村明日美子

中村明日美子の作品

ツイートする