ばら色の頬のころ―when I was thirteen (F COMICS)

  • 太田出版
3.98
  • (445)
  • (289)
  • (419)
  • (17)
  • (5)
本棚登録 : 2656
レビュー : 212
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778320362

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中略しすぎや。

  • 急に久しぶりにBLなんてよみたくなった。
    最近のBLではやってる作者みたいですね。
    評価が高いから期待したけどちょっとがっかり。
    ストーリーも普通だし、(むしろ世界観がもろ巨匠のパクリ)
    正直嫌悪感のが強かった。
    なんだろ〜・・なんか安っぽい耽美にかんじる。

  • 絵の雰囲気が好きだから読んでみたけど、あまり好きじゃなかった
    リアルなものが描かれています

著者プロフィール

中村 明日美子(なかむら あすみこ、1979年1月5日 - )は、日本の漫画家。神奈川県出身。女性。血液型O型。
小学1年生から漫画を執筆しており、2000年の大学時代に『月刊マンガF』(太田出版)の第3回エロティクスマンガ賞で佳作を受賞。同年10月、受賞作「コーヒー砂糖いり恋する窓辺」(単行本『鶏肉倶楽部』(2002年)収録)を同誌で発表しデビュー。その後も『月刊メロディ』(白泉社)、『月刊flowers』(小学館)への投稿を継続し、両誌でデビュー。『マンガ・エロティクスF』以外では、ボーイズラブ、少女漫画、挿絵などを多数の雑誌で発表している。

ばら色の頬のころ―when I was thirteen (F COMICS)のその他の作品

ばら色の頬のころ Kindle版 ばら色の頬のころ 中村明日美子

中村明日美子の作品

ツイートする