革命家の午後 (Fx COMICS)

著者 :
  • 太田出版
3.63
  • (22)
  • (37)
  • (42)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 295
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778320430

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 松本次郎の短編集。日本でもアメリカでもその他全ての国でもない、文化の混ざり合ったある種、在ったかもしれない平行世界。みんな狂ってて冷静で優しくてつめたい。あとがきやブログなどを読むと松本さんは日常のふとした時に物語のプロット、アイデアのようなものを得るらしい。それを、松本さんの世界観という名前の脳みそを通し原稿用紙にインクを浸したペンでガリゴリガリゴリと命を削るかのように描かれた荒々しくもすばらしい絵で見られるのは、しごくしあわせなことだ

  • 松本次郎氏の作品『革命家の午後(2007)』を読了。

  • 全1巻

  • 歪んだ世界とモラルの崩壊。
    世界の混沌に順応するのなら、狂気は正常なこと。
    狂人たちのネバーランドです。
    この猥雑さに嫌悪感を抱かないのは、人間のいかがわしさを、信念や欲望に踊らされる弱さを、汚濁にも適応するしぶとさを、作者がこよなく愛しているからだと思います。

  • よ、よくわからんな……

    絵も話も下手なのか上手いのかよくわからない不思議な塩梅。現在連載中の「地獄のアリス」が面白かったんでかってみたけど、つまらないというよりよく分からない一冊だった。砂漠の魔女とか特に

    でも竹山くんの日常は面白かったな

  • エマとユーリの話から誰がジュピターさんが登場すると思ったか。

  • 所々に差し込まれるメタな目線が心を浮つかせる。
    この世界が夢だとしても、
    「愛している」と言える誰かと巡り会えることが出来たら、
    少しは救われるような気がする。

    そんな気持ちになれた。

  • 松本次郎の魅力は「ちょっとずつ壊れていく日常」だと思う。

  • 結局人は冗談と本気の間で生きてるんじゃないでしょうか?
    リアリティの無いリアル楽しめました。

  • 人をくった内容。
    カクカクギチギチした線。

    人によっては不安定になるかも。

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

松本次郎(まつもと・じろう)
漫画家。『フリージア』『女子攻兵』『いちげき』ほか。

「2020年 『ピエタとトランジ <完全版>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松本次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
浅野 いにお
オノ・ナツメ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×