GENTE 3 (Fx COMICS)

  • 太田出版
4.10
  • (315)
  • (228)
  • (214)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 2251
レビュー : 95
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778320812

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • リスパラのスピンアウト短編集、第3弾。

    リィツォ氏の恋に出てくる、
    ルチアーノが、渋い。
    無口で、無愛想だが、その分優しさが、
    染み出している。

    フランチの誕生日会での、
    ルチアーノが、これまたステキである。

    レストランで大人しくしている、
    子供を見かけると、微笑ましく感じる。
    ただ、我が家の娘の2人は、大騒ぎで、
    周囲の視線が厳しいが…。

    美味しい食事が、
    みんなを笑顔にさせる事に、
    間違いはないと思う。

  • 『リストランテ・パラディーゾ』の外伝3巻目。
    いちおうこれで終わりなのかな?

    政治家たちの話、リッツォ氏の恋、ロレンツォが老眼鏡デビューする話、ジジと少女の出会いの話。
    前半はリストランテの人々はメインでは出てこないけれども、それはそれでこの人たちのあったかさが伝わってくるのが不思議。
    常連客のリッツォ氏、プレイボーイで今回も「けしからん!」と思って読んでいたけどキューピッド役を買ってでようとする姿を見てやっぱり憎めなくなってしまった。

    ジジがひそかに好きなので今回メインになるお話があってうれしかった。ジジには幸せになってほしい~。言葉は少ないけどこのリストランテとみんなをすごく大事に思ってるのがわかるもんな、ジジ。

    また何かの機会に続編を読みたい。

  • 老眼鏡紳士萌え・・・しなくても、楽しめます
    美味しい料理と素敵な老眼鏡紳士たちが待つリストランテ。
    そこで働く人達と、そこに集う人達の様々な人生の一片が、オノナツメさん独特の絵と多くを語らないメソッドで表現されています。
    ほろ苦いけど、じんわりとしたシアワセが漂う。オトナな漫画。

  • なんというか、いい意味で雰囲気漫画。
    絵は味があるといっても書き込みが凄いわけでもない。
    この絵がこの漫画に合っている点は、表情の読めなさだと思う。
    その表情の読めないキャラとして筆頭がジジ。

    けれど表情が読めなくても行動で読める。
    そうやってそのキャラと話の雰囲気を感じ取って読んでいく漫画だ。

  • コミック

  • そうね 違うわ あなたじゃないの
    もうこの この台詞がもう たまらん

    あとは久々の夫婦っぽい会話とかあーこの雰囲気ほんと大好き

  • ルチアーノの愛の在り方が素敵

  • 老眼鏡紳士達の話。

    政治家達の話と、リッツォの話、ロレンツォの話、ジジの話。
    政治家さんが一番好きかも。

  • ロレンツォの老眼鏡デビューのお話がなんかよかったです。

    ようやくにこれったでてきたのは、やはり最初によんだあのお話に続いてって感じですね~。あの二人がよくなればいいのに。

  • 最終巻でやっとニコレッタ登場。老眼鏡紳士の中では、個人的には亡くなった奥さん一筋のルチアーノが好感度高し。クラウディオは優しすぎて優柔不断だし、フリオは完璧すぎる、ジジも可愛いけど思考が読めないし(笑)。あ、ヴィートも楽そうでいいかな。

全95件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2003年『LA QUINTA CAMERA』でデビュー。『さらい屋五葉』『リストランテ・パラディーゾ』などのアニメ化作品に加え、『ACCA13区監察課』が2017年1月よりアニメ放映決定。小説『のぼうの城』のカバーイラストでも話題に。
「モーニング・ツー」では『Danza』『COPPERS』『つらつらわらじ』を連載。現在「ウルトラジャンプ」にて『レディ&オールドマン』を連載中。

「2019年 『ハヴ・ア・グレイト・サンデー(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

GENTE 3 (Fx COMICS)のその他の作品

オノ・ナツメの作品

GENTE 3 (Fx COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする