青い花 5巻 (F×COMICS)

著者 :
  • 太田出版
4.14
  • (100)
  • (87)
  • (45)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 935
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778321086

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「好きな人にはふれたい キスをしたいし 抱きしめたいと思う」という言葉がグサグサっと来るわけで。それはたぶんノンケかそうでないか、関係なく、きっとそうで。志村貴子の漫画に流れる独特の空気感、時間。この人はキャラクターそれぞれを本当に大事に扱う。心底、キャラクターそれぞれに対して心の配慮があるし、誰ひとりとして真剣に生きていない人間なんていない。だからこそ、読んでいるこちら側が惹きこまれる。一瞬を生きている。生の一回性がそこにはあるから。あとは、描き方が何しろうまい。コマの流し方とか、普通ではない。かなりの試行錯誤がある(のか、それも天然にやりこなしてしまっているのかはわからないけれど)。注意をして読み進まなければ見落とすポイントが沢山ある。本当に面白い漫画とはこういうのだと思う。(10/4/25)

  • ふみちゃんと千津の関係や、京子と康ちゃんの関係、あーちゃんの戸惑いとか色々な人の思いが入り混じって、このままみんなどうなってしまうんだろう。
    せめて康ちゃんには幸せになって欲しいなぁ。

  • ちゃんと自然に友達やろうとするあーちゃんが健気で泣ける。わざと井汲を際立たせて綺麗に書いている感じもする。なんかそれぞれでギクシャクしていて、多感の落とし所は大変だ(←年寄りくさい感想)。

  • 原作、ようやく追いつく。
    ふみちゃんの恋愛遍歴物語、先輩編が一応の結末を見せ、次編に移るまでのつなぎの巻か。
    これからさきどんなふうに物語が滑り出していくのか楽しみ。

    絵柄としては「放浪息子」と比べて、人物がかなり大きく描かれるように変化しているように思える。
    透明感をたたえた小さな絵柄のほうが好きだったが。

    追記
    他の方のレビューを見て納得。
    アシスタントが入って描線が変わった、ということね。

  • 人間関係が複雑だ…。似た様な顔つきの人が何人かいて、これって誰だっけ?となることが多い。
    ストーリーは良いんだけどね。

  • ダメだ…そろそろ限界かもしれん。すごく素敵な絵なんだけど、人が覚えられん。明らかに画力の問題ではないので、ストーリー展開かなぁ。

  • 三島由紀夫の鹿鳴館を演劇祭で上演。

    京子ちゃんの舞台の最中に康ちゃんとの重要なお話しが織り込まれて。

    すごいマンガだと思う。純文学のテイストを持ち合わせているけれど、固くなりすぎず…世界にグイグイ引き込ませるけれども、所々に笑いを含ませて緊張を緩め、読みやすくしてくれる。

  • 1巻からの登場人物たち同士の関係が再構築されつつある巻。4巻から登場した人びととの接触を通じて、ふみと京子それぞれが自分の気持ちに悩みながら模索している感じ。そういう意味ですごく中途半端なかたちではじまりそして終わる巻なのだけれど、まあなくてはならないものでもあり・・・。
    あと巻末のおまけまんがで出てくるペンのお話はたしかにびっくり・・・。読み返してみるとなるほどだけれど。

  • 「私の好きは好きな人とそういうことをする好きなの」
    ふみに告白されて、戸惑うあーちゃん。
    意識をしてしまい、ぎくしゃくしてしまう二人。
    そんなあーちゃんの気持ちを察して、ふみはこう告げる。
    「あーちゃんがいやがるようなことは絶対しないから 友達でいさせて……」
    二人の関係が変化し始めたそんな頃。
    いよいよ舞台「鹿鳴館」の幕が上がる。

    ふみ&あーちゃんのカップルも素敵なんですが、康ちゃん&京子ちゃん、忍&モギーのカップルもかなり良いですね。
    いやー、甘酸っぱいですなぁ。

  • 27話で明らかに筆が変わった気が。

全40件中 1 - 10件を表示

青い花 5巻 (F×COMICS)のその他の作品

青い花(5) Kindle版 青い花(5) 志村貴子

志村貴子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

青い花 5巻 (F×COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする