センネン画報 その2

著者 :
  • 太田出版
4.35
  • (82)
  • (54)
  • (25)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 540
レビュー : 51
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778321154

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前作同様に、思春期のもろさや性への憧れのような部分がすべて、マチ子さんの繊細なタッチやカラーにすべて含まれている感じでした。読んでて胸キュンでした。こんなふうに思春期を過ごしたかったかも。

  • 教室、カーテン、校舎の曲がり角。
    風が撫でた草のざわめき。
    水中で弾けた 梱包材のプチプチの泡。
    クラフトパンチのまあるい紙の雪。

    1つの物質だったアメが忘れられない記憶の中心になる。
    ほんの少し油断しただけでスルリとすり抜けていく
    何気ない瞬間の叙情のゆらめきに息を呑む。

    息をひそめて見つめてしまう 通過する青の景色。

    七夕の夜に、川を挟んでカレに写真を撮られてる
    彼女の越しの眺めがたまらなく愛おしい。

  • 前作の「センネン画報」の方が好き。
    意味の分からない話がチラホラ。
    僕の中では「夢」のような話。
    ずーっと意味を考えていたけど、答えが見つからない。
    暫くしたらまた覗いてみようかな。

    そんな感じの内容です(笑)

  • 1ページの中に閉じ込められた物語。
    しかし、その1ページが自由に動きだし、
    1ページが何ページにも変わっていく。
    終わりも始まりもそのページにある。
    奇麗で愛しい、そして時には残酷。

  • 青色越しに観る世界。
    爽やかな風が吹き渡る。
    “魚の花見”が好き。

  • なぜにこんなにも切なさを感じるのでしょう。透明で残酷で純粋でやさしくて寂しくてあたたかい。

  • 詩集のようなマンガ

  • 赤青鉛筆の「わたしばっかり」が好き。

  • The World is チョット MINE

  • 相変わらずいやらしさと毒々しさの中に可愛らしさが同居してるのが素敵過ぎる。マチ子さんの白色への哲学がかきおろしに描かれていて震えた!センネン画報の白さがこんなに痛々しく映るのはそうゆうわけか!

全51件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京生まれ。マンガ家。『センネン画報』でデビュー。2014年に第18回手塚治虫文化賞新生賞、15年に日本漫画家協会賞カーツーン部門大賞を受賞。著作に『みかこさん』『cocoon』『いちご戦争』『百人一首ノート』など。

「2018年 『吉野北高校図書委員会 3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

センネン画報 その2のその他の作品

センネン画報 その2 Kindle版 センネン画報 その2 今日マチ子

今日マチ子の作品

センネン画報 その2を本棚に登録しているひと

ツイートする