関根くんの恋(2) (Fx COMICS)

著者 :
  • 太田出版 (2010年12月15日発売)
3.86
  • (74)
  • (121)
  • (82)
  • (13)
  • (2)
本棚登録 : 979
レビュー : 54
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778321291

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 情緒が未発達なまま大人になってしまった男、関根。身目がいい分、自分が好意を向ける前に女性が寄ってきて、そして離れていく。なんだか読んでいて、幼児にするように頭をなでて構い倒したくなったけれど、ものっすごく嫌そうな顔されて距離置かれる事が簡単に想像できて、なんだか悲しくなった。人の好意を「嫌なもの、よくわからないもの、気持ち悪いもの」と感じてる関根が巻を重ねると変化するのか、不安なような楽しみなような。しかし側にいたら面倒な事この上ない男、それが関根。

  • 手芸屋の孫に自分の初恋を指摘された関根くん。
    自分の涙のわけにきちんと向き合ってください、と言われ、自覚しないままに再び思考の迷宮に入ってしまう。
    しかし、ある日自分が編んだクマの人形を孫に見せたことから、彼の中で変化が生まれ…。

    ぎゃー!関根くんが恋をしたー!!!
    わー、待ってました!盛り上がって来たよ!!(笑)
    1巻では「なんか残念だなぁ」という気持ちが強かったけど、2巻になってなんだかとてもカッコ良く見えだした関根くん(笑)
    ひたすら孫を回想し続ける様とか、コタロータ(孫命名)大量生産したりとか、孫が他の男と一緒に居るの見て嫉妬したりとか、孫が入院したと思って全力疾走してかけつけたりとか!!
    頑張れ関根くん!それはまごうことなき恋だ!!(笑)

    あーもう3巻が待ち遠し過ぎます。

  • まあまあ

  • 職場の隣の席の男性が関根くんソックリだ。
    こういうタイプって何考えてるかって、接し方の参考になる。とりあえず根暗で面倒でイライラするよー!でも関根くん以上に友人の紺野君がウザイ!こういう天然なのかわざとなのかわかんない友人はすごくウザイ!!毎度思うけど、河内先生ってそういうヤキモキさせるのがうまいなー。

  • 関根くんの世界に、色は付いているのだろうか。音はあるんだろうか。

  • 残念な男

  • なんとなく初めて なんとなく続けたのものは 結局なんとなく終わるらしい

  • 色もなんか妙

  • この気持ちは。メロン。

  • ジャケ買いは失敗するというイイ教訓

全54件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都出身。2001年、「アックス」にて『ひねもすワルツ』でデビュー。2009年、一挙4冊を刊行したデビューコミックスフェアで注目を集める。2012年、『夏雪ランデブー』がテレビアニメ化された。主な著書に『関根くんの恋』『ケーキを買いに』『文房具ワルツ』など。現在、「Kiss」にて『涙雨とセレナーデ』、「フィールヤング」にて『リクエストをよろしく』、「増刊フラワーズ」にて『ホログラム忍者カラス』を連載中。

「2018年 『涙雨とセレナーデ(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

関根くんの恋(2) (Fx COMICS)のその他の作品

関根くんの恋(2) Kindle版 関根くんの恋(2) 河内遙

河内遙の作品

関根くんの恋(2) (Fx COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする