愛しのアイリーン[新装版] 下

著者 :
  • 太田出版
4.19
  • (10)
  • (11)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (648ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778321338

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 感想はまとめて上巻のほうに。

  • おまんこインフレーション!

  • 【馬鹿は死んだら治るから】

    愛愛愛。愛しかない。愛は優しくなんかない。強い愛は、鎌鼬のようだ。

    包み込めば握りつぶし、触れようとすれば殴り倒す。

    さよならよりも辛い愛。命よりも、重い愛。

    愛、苦しみます。

    よい本を読んだ。
    アイリーン、幸せになれ。

  • 上巻の感想に同じ。

  • 新井英樹って、嫌いで、好き。そんな作家。正直、見たくないものまで描く。それも、これでもか、ていうくらいに。岩男とアイリーン、その他もろもろ。もう、読んでいて、すごい、心がうねってくる。(11/5/14)

  • 帯の「正々堂々と、愛がうす汚い」は至言。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

講談社でデビュー。「宮本から君へ」で大きな評判を得て、小学館にて「ザ・ワールド・イズ・マイン」で漫画業界を震撼させた。その後も次々と問題作を連発し、現代漫画界で最も刺激的な作家となる。

愛しのアイリーン[新装版] 下のその他の作品

新井英樹の作品

ツイートする