ピコピコ少年SUPER

著者 :
  • 太田出版
4.00
  • (24)
  • (30)
  • (18)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 250
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778322458

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ネガティヴな人にも面白くない奴と面白い奴が居るが…著者は圧倒的に後者な人間である事が良く分かる。
    負の経験を、負の感情を、物語に昇華し、読者に投げ打つそれらの物事には思わず唸ってしまう。巧いな〜本当に巧い。
    今に始まったことではないのだよな。そうだよな。著者のエッセイや自伝臭強い作品に訪れては苛む理不尽な「俺クオリティー」な出来事は押切蓮介こと神崎良太をもがき苦しめはするが、強くもする。何よりも無我夢中に前進しようとする姿には胸を熱くするものがある。
    その中で支えてくれるゲームそして、仲間の存在の有り難さや大きさがより一層と輝き光っている巻であり、青春時代の辛酸な思い出と今も尚闘うことになる著者の姿が重なる勇姿には「ハイスコアガール」の復刊を願わずにはいられないのである。
    しかし、ハイスコアガールにコンテニューはあるのかい?ファンとしては声を上げていくしかないのだが…切に願う。

    驚いたのはこんなにも前から清野とおるとの付き合いがあったのかと清野とおるが発する台詞の「くやしさを憎しみをありがとう……と…」がとても印象的であった。いい友人である。
    それと、本屋にたまたま置いてあったリーフレットに掲載されているゆかりの地である写真が載っていたので、それを合わせて読めたのでよりグッと入り込めたのは良かった。

  • これはもはやブルースだ。美しく輝く思い出からくだらなくとも確かにそこにある日常、どうにもならない人生の浮沈までがゲームと共にあり、真摯に魂から描かれている。心から作者に幸あらんことを。

  • 糞袋少年、読むのがつらかった…
    押切先生が大好きなので、頑張って欲しいです。

  • 仕事、子育て、家庭。

    勉強、親、友達。

    忙しい現実に立ち向かう人生の傍に、ゲームがずっとあった全ての人へ。

  • 押切さんと同年代。ファミコンでは遊んでないけど…あの灰色で異様に丈夫なGBにお世話になりました。小さい頃は、老人になったら、コントローラーを握って死んでるんだろう、と思うくらいゲームが好きだった。思わず自分の歴史を重ねる漫画です。
    またテンションが高くて、情念あふれる押切さんの漫画を楽しみにしています!

著者プロフィール

1979年神奈川県川崎市出身。
1998年に週刊「ヤングマガジン」に掲載された『マサシ!! うしろだ!!』でデビュー。
その後紆余曲折あったが、ホラーギャグ『でろでろ』、化け物の類いが出てこないホラー漫画『ミスミソウ』、少年時代とゲームを題材にした『ピコピコ少年』、アクション巨編『ゆうやみ特攻隊』、自分の母親の半生を描いた『HaHa』とジャンルに縛られない作品を世に送り出し続けている。
月刊「ビッグガンガン」にて連載した『ハイスコアガール』は2018年にアニメ化もされた。

「2019年 『狭い世界のアイデンティティー(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

押切蓮介の作品

ツイートする