それはただの先輩のチンコ

著者 :
  • 太田出版
4.29
  • (7)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778322915

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • チンコが好きなのか?本体が好きなのか?
    チンコだけが好きな女はかなりレアケースだろ、と思ったが。
    切り離されたチンコの愛らしさに本体はいらないかもなと考え直した。
    エキセントリックな彼女たちの選択が両方大事だったことにホッとした。

  • いやもう本当にこの方の頭の中っていうか思考回路というか世界観ってどうなっているのだろう。
    深く考えることもできるし、案外そうでもないんじゃないかとも思えてしまう。でも、やっぱり深い、かもしれない。

    信じられない設定なのだけれど、それが普通の世界。それがいつもすごく好き。

  • 切りすぎ定

  •  この世界では、男性器は
    a取れるが、人より、三日から三か月で玉茎重生(切れたちんこが再生すること 中国ではこう書く)が行はれる。また再生は何回かで止まるらしい。
    b取られた性器は亀頭で排泄と、栄養分(主に西瓜)の摂取をする(プラナリアかっ)
    c陰嚢を使って泳げるらしい
    dソレの寿命は短い

     と言ふ設定の下、娘さんが、イケてる兄ちゃんのちんこを狩り、ある場合はプール(!!)だか風呂へ満たしてその中へ入り、ある場合は服を着せたり同衾したりし、また愛しの君の親友のやつに寄生され、その生理機能を実感させられる。

     性器の対象化は、別に衒ひのないもので、大したものではないある種お約束化したものである。ただ、ここでは対象化され切り離された性器を、愛しむ娘さんがそれと元の持ち主との抜きがたい絆に嫉妬するとか、娘さんが先輩と彼のちんことどちらか選ばなくてはならないとか、なんかすさまじい世界が展開してゐる。

     夥しい精液に塗れると言ふシーンで、なんか切なくなる。それにしても、「医療用の眼帯をした警官」と「片目のやくざ(全員スキンヘッドで上半身裸で入れ墨をしてゐる)」が大量に集まって発砲すると言ふシチュを書く、作者のモチベーションが謎だな。

  • 女の子が好きな男の子のチンコを切り取って所有するという頭おかしいんじゃない?っていうような漫画なのですが、感動できます。

    短編集なのですがどれも違った味わいを持つ話でその発想に笑えるし泣けます。性教育にも使えます。
    こんなにチンコについて真っ直ぐ真面目に書かれた漫画ってないんじゃないでしょうか。

    同人誌→ネット掲載→連載→書籍化
    と、色々な人に愛されて満を持して出版に至ったこの作品集。
    老若男女問わず読んでチンコとその所有者について考えてみましょう。
    人を愛するとは、チンコとは。
    考えなくてもいいからただただ面白がってください!

    洋服を着たチンコがかわいいのです。
    グッズ化希望ですので続刊発売の為に皆買ってくださいお願いします。回し者じゃありません!

  • 試し読みをネットで見て、「これは久々にヤバイ漫画がきた」と思いました。いい意味で。

    チンコと喫茶店でお茶をするシーンは笑いました。バイブモンスターのいのちの雨は切なくなりました。

    万が一アニメ化する際は、主題歌はオナニーマシーンの「家出」でお願いします。

全6件中 1 - 6件を表示

それはただの先輩のチンコのその他の作品

阿部洋一の作品

ツイートする