少年探偵カケルとタクト―ぬすまれた通知表

著者 :
  • 幻冬舎ルネッサンス
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779007330

作品紹介・あらすじ

1学期の終業式前夜。5年生のカケルは通知表の「あゆみ」が気になって、なかなかねむれない。そのころ、山田小学校では校長室から全学年分の「あゆみ」がぬすまれるという事件がおきていた。よく朝、テレビのニュースで事件を知りよろこぶカケルだったが、太先生の気持ちを知って、親友のタクトに犯人をつかまえようと相談する。カケルとタクトは密室のなぞをとき、事件をかいけつすることができるのか!?「魔人X」の密室のトリックとは!?-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 書いた人は教員かな?と思ってしまいます。面白くは読みますが、うーん。全部親の無理解に原因がある設定になっている気がする。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1945年栃木県生まれ。1969年法政大学卒業後、神奈川県藤沢市の小学校教員となる。72年相模原市に転勤。81年から4 年間普通学級で難病の児童を受け持ったことをきっかけに支援教育に打ち込む。73年ごろから走り始め、2007年に7年間をかけた日本一周マラソンの旅のゴールをきる。著書に『日本一周マラソンの旅 七年間で積み重ねた六千キロ』『太陽にファイト』『上ばきケンタの家出』『四国お遍路走り旅』『少年探偵カケルとタクト ぬすまれた通知表』『少年探偵カケルとタクト2 消えた優勝カップ』『少年探偵カケルとタクト3 すがたを消した小学生』(いずれも小社刊)がある。

「2014年 『少年探偵カケルとタクト4』 で使われていた紹介文から引用しています。」

少年探偵カケルとタクト―ぬすまれた通知表のその他の作品

佐藤四郎の作品

少年探偵カケルとタクト―ぬすまれた通知表を本棚に登録しているひと

ツイートする