35歳までに身につける「しごと」の知恵 (幻冬舎ルネッサンス新書 さ 1-1)

著者 :
  • 幻冬舎ルネッサンス
2.33
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779060373

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 35歳までという厳密な意図があったかはわからないが、若手のうちとある程度年次が行ってから読むとでは理解度も異なると思った。しくみとしかた。戦略・戦術・作戦展開。作業をこなすだけでなく、視野を上げて働く必然が出てくる頃という理解。

  • 必要な仕事の知恵とは?

    →しごとを取り巻く仕組みを読み解き、その中の仕方を的確かつタイムリーに選択して適用していく
    戦略に始まる一連の仕事はそれに続く戦術とその展開による具体的行動につながって始めて完結する

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1937年生まれ。大阪府出身。1961年京都大学経済学部卒業。その後トヨタ自動車販売株式会社(現トヨタ自動車株式会社)入社、主として企画部門、海外営業部門ならびに海外出向を経験。1988年取締役就任。1992年米国トヨタ社長CEO就任。1996年帰国と同時に海外統括専務取締役に就任し1998年退社。続いて日本高速通信株式会社(現KDDI株式会社)代表取締役副社長を5年務める。その後数社の社外役員を歴任し、現在は株式会社ハーモニック・ドライブ・システムズ取締役をはじめ、数社の社外役員を務めている。米国在任中はカリフォルニア州LA地区のチェンバーオブコマース役員や、LAフィルハーモニーオーケストラおよびSFオペラのボードメンバーを務め、現地に知己が多い。著書に『35歳までに身につける「しごと」の知恵』(幻冬舎ルネッサンス新書)がある。

「2013年 『トヨタの伝え方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

酒井進児の作品

35歳までに身につける「しごと」の知恵 (幻冬舎ルネッサンス新書 さ 1-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする