孤独死のすすめ (幻冬舎ルネッサンス新書 し-4-1)

著者 :
  • 幻冬舎ルネッサンス
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779060878

作品紹介・あらすじ

「孤独死」というと、ネガティブなイメージを受けるかもしれない。だが、本書の「孤独」とは決して孤立無援の「孤立」のことではない。個人が自己の責任において自由に生活しながらも、困ったときには支援が受けられる関係のことなのである。これこそが個人主義を成り立たせ、民主主義を真に機能させる大本となる。一人ひとりが真に独立する必要性を説いた、自らを律する覚悟の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 孤独死の覚悟が必要なのか?と、重い題名と共に読んで行ったが、政治的背景を、十分熟知せねば、読めないような本であった。
    「無利子国債」などは、税金で指示されないだろうからのとの思案で、作られたものであると。
    「原発神話」から、「ドル神話」。
    「医療保険と年金」の財政危機で、国内団体、国際機関から消費税15~20%との話。
    「相続」問題。
    「共通番号制度」
    最後には、個人の哲学の問題にまで、発展する。
    もう少し、柔らかな話かと思って、読み進めたが、読み終えて、複雑な気持ちになった。
    「孤独死」の覚悟をしますか?それとも民主主義やめますか?は、少し飛躍しすぎでは、、、と、思った本であった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1946年石川県生まれ。1970年上智大学外国学部フランス語学科卒業。1974年パリ高等研究院第六部修了。1977年4月から2010年3月まで東京外国語大学に勤務。現在、アジア・オセアニア地域に関する素人旅行コンサルタント。主な著書:『ゼニオロジー支配社会』(小社刊、2010年)『タイ族が語る歴史』(雄山閣、2008年)『黄金の四角地帯』(慶友社、1998年)『Les Langueskanak aujourd’hui』(ADCK、1994年)など。

「2013年 『孤独死のすすめ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

孤独死のすすめ (幻冬舎ルネッサンス新書 し-4-1)のその他の作品

孤独死のすすめ Kindle版 孤独死のすすめ 新谷忠彦

新谷忠彦の作品

孤独死のすすめ (幻冬舎ルネッサンス新書 し-4-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする