【増補版】目からウロコのシナリオ虎の巻

著者 :
  • 彩流社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779110917

作品紹介・あらすじ

「新井一の10則集」「シナリオいろは」を増補。ジェームス三木さん、内館牧子さんらを育てた「シナリオ・センター」創立者が教えるすらすら書くための技術と秘伝の発想法。プロライターになるための発想の素とヒントを満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ・下手だから直しがでるわけではない。
    ・プロになるための十則(修身篇)(1)まず速く書けること(速く書くコツ教えます)(2)プロデューサーや監督の直しの注文をうまく受け取る(直しの技術があります)(3)締め切りと枚数を必ず守る(プロの最低の条件です)(4)速く読めて、要点をつかむことができる(原作の読み方にもテクニックがある)(5)自分を客観視できるか(ひとりよがりからの脱出)(6)観客がいることを思い、観客を知ること(プロの第一条件)(7)つねに自分でも企画をもっていること(企画書が書けるのが常識)(8)気に入った作品をもつこと(映画、テレビが好きでなければやめた方がいい)(9)プロはコンスタントに実力を発揮することができる(技術をつねに磨くこと)(10)××を書かせたら「あいつだ」という特技をもつこと(売りものをもつこと)

    ・発想力に富んだ「切り口」を、どういった表現でストーリー展開するか、これが「語り口」
    ・落選作の原因 (1)全体として(印象が残らない等)(2)技術不足(メリハリをつけたい等)(3)書く態度(ひとりよがり等)(4)素材の取り上げ方(新鮮さがない等)(5)構成の不備(回想が多すぎる等)(6)ストーリーの欠陥(弱すぎる葛藤等)(7)セリフの指摘(人物の区別がつかない)(8)ト書の指摘(心理描写を書く等)(9)時間経過(時間経過が不明等)(10)人物の描き方(性格をはっきり等)

    「切り口」どこから始まるか?とどのような視点(全体的な作者の見方)か?

    発想力に富んだ「切り口」を、どういった表現でストーリー展開するか、これが「語り口」ディテールである。

  • 自分には合わなかったみたいだ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1万人の起業をプロデュースした「起業のプロ」。1973年生まれ。会社員のまま始める起業準備サロン「起業18フォーラム」主宰のほか、インターネットからの集客術に特化した起業家向けマーケティング支援などを行う。社会との関わり方に問題を抱え、高校・大学と海外スクールに単身就学。帰国後、日本企業に就職するも、人嫌いを克服できず、さまざまな失敗を繰り返す。社会になじめず、会社になじめず、自分の居場所を探して、15年間、会社員をしながら事業を続け、独立後は「起業のプロ」として起業家を育てる。特徴は「人生を変えたい」と願う会社員はもちろん、自立を目指す主婦からニート、フリーター、落ちこぼれまで、起業とは程遠いと思われがちな人材を一発逆転させてきたこと。「一緒に考える起業支援キャリアカウンセラー」として高い評価を受けている。

「2022年 『起業がうまくいった人は一年目に何をしたか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新井一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×