目からウロコのシナリオ 虎の巻

著者 :
  • 彩流社
4.00
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779111327

作品紹介・あらすじ

ジェームス三木氏、内館牧子氏らを育てた「シナリオ・センター」創立者が教えるすらすら書くための技術と秘伝の発想法。プロライターになるための発想の素とヒントを
満載。クリエイティブの悩みを一発解決!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本のシナリオ界、創る方でも教える方でも、第一人者の「新井一」さん。
    本格的な本は「技術」の本があるのだけれど、これは語録をまとめたもの。
    それでもすごく勉強になった。

    シナリオとは直接関係ないけれど、
    「波頭」「傘かしげ」などの今は消えてしまいつつある言葉などが紹介されているのもよかった。

  • 基礎というより応用編。
    ある程度物語を作れる人が話をさらに面白くするための参考書。

  • 簡略にシナリオ執筆の勘所を書いてあるので備忘録的な使い方として有効と思える。

  • シナリオのいろはがしっかり丁寧に書かれています。笑いという要素を入れる時のシナリオの作り方・考え方には感銘。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1万人の起業をプロデュースした「起業のプロ」。1973年生まれ。会社員のまま始める起業準備サロン「起業18フォーラム」主宰のほか、インターネットからの集客術に特化した起業家向けマーケティング支援などを行う。社会との関わり方に問題を抱え、高校・大学と海外スクールに単身就学。帰国後、日本企業に就職するも、人嫌いを克服できず、さまざまな失敗を繰り返す。社会になじめず、会社になじめず、自分の居場所を探して、15年間、会社員をしながら事業を続け、独立後は「起業のプロ」として起業家を育てる。特徴は「人生を変えたい」と願う会社員はもちろん、自立を目指す主婦からニート、フリーター、落ちこぼれまで、起業とは程遠いと思われがちな人材を一発逆転させてきたこと。「一緒に考える起業支援キャリアカウンセラー」として高い評価を受けている。

「2022年 『起業がうまくいった人は一年目に何をしたか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新井一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×