社会運動の力―集合行為の比較社会学

制作 : Sidney Tarrow  大畑 裕嗣 
  • 彩流社
3.43
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (387ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779111631

作品紹介・あらすじ

フランス革命からソ連の崩壊、そして現代のトランスナショナルな運動までを体系的に論じた研究書! 「 政治的機会と制約」「たたかいのレパートリー」「フレーミング」「動員構造」「サイクル」…社会運動研究の基本文献であり、学術出版として評価の高いケンブリッジ版の第2版! 詳細な文献・注付き。
「『社会運動の力』の初版は1993年に完成した。それからの5年間に、1960年代後半以降で比較すれば、たたかいの政治と社会運動の領域でおそらく最も多くのことが起きた。1989年の国家社会主義の崩壊は既に完了していたが、あまりに直近であったため、すぐれて学術的な著作にその教訓を反映させることができなかった。……旧ユーゴスラビアでは、残酷な内戦を生み出した。私は、こうした変化がもたらすいくつかの教訓を、本書の今回の版に取り込もうとした。」(「第2版へのまえがき」)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かなり分厚くて読むのが大変でかれど
    多くのものが混じり合っている社会運動という言葉を理解するのに役に立つ。

    社会運動という言葉が聞かれない日はない。

    社会運動のレパートリーは時代ともに変化する。
    食糧や冠婚葬祭など身近な地域から発した暴動は
    産業革命、出版革命、国民国家の成立を経てデモ・ストライキなどに変化して行く。昨今の、サウンドデモなどは新しい社会の変動を予見しているのだろうか。

    他にも社会運動論を学ぶ上で重要なエッセンスがたくさん含まれていく。
    グローバル化のインパクトも避けては通れない。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

(Tarrow, Sidney G.) カリフォルニア大学バークレー校で学び博士号を取得。現在、コーネル大学社会学教授及び同大学行政学マクスウェル・アップソン講座教授。専門分野は、社会運動、政党、集合行為の比較政治学と政治社会学。主な著書に『南イタリアにおける農民共産主義』(1967)『中心と周辺のあいだに』(1979)『デモクラシーと無秩序』(1989)『社会運動社会—新世紀に向けてのたたかいの政治』(1998)『たたかいの動態』(2001、チャールズ・ティリー、ダグ・マックアダムと共著)『ニュー・トランスナショナル・アクティビズム』(2005)などがある。

ツイートする