旅する駅前、それも東京で!?

  • 彩流社
4.11
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779115769

作品紹介・あらすじ

小さな小さな駅から始まる「東京の旅」
東京には600以上の駅がある。その駅前には
見知らぬ風景と出会いと発見―「旅」があふれている!
沖縄&島旅ライター、あえて東京で「旅」に出発

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 取り上げられているところ全て行きたくなってしまいました。特に府中競馬正門前・方南町・穴守稲荷・亀戸水神に興味津々です。
    著者のカベルナリア吉田さんが街やお店の方と完全に好意的なコミュニケーションを図られているのかと思いきや、居合わせたおばさんたちのトークをきいて辟易しているところなんかも細かに描いていて、上っ面さがなく人間臭い感じもして好感度高い文章です。
    地元中の地元も取り上げられていて、長年その佇まいから入ることに躊躇していたお店がいくつか紹介されていたのもグッときました。
    どんな感じのお店かわかったので実家に帰ったら寄ってみます!勇気をくださってありがとうございます!!

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1965年、生まれ。紀行ルポライター。
沖縄や島を中心に、街の人々の日常を訪ね歩く。
主著
『東京ワンデイスキマ旅』、
『さらにひたすら歩いた沖縄みちばた紀行』、
『ムカたびジャパーン!』(以上彩流社)、
『石垣・宮古ぐだぐだ散歩』、『絶海の孤島(増補改訂版)』
(ともにイカロス出版)、
『沖縄・奄美の小さな島々』(中公新書ラクレ)、
『沖縄ディープインパクト食堂』、
『オキナワマヨナカ』(ともにアスペクト)、
『沖縄バカ一代 』、『沖縄バカ一代 ②』、
『さすらいの沖縄伝承男』(ともに林檎プロモーション)、
『沖縄の島へ全部行ってみたサー』(朝日文庫)、
『狙われた島 数奇な運命に弄ばれた19の島』
(アルファベータブックス)ほか多数。

カベルナリア吉田の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする