落ちた王子さま

制作 : Miguel Delibes  岩根 圀和 
  • 彩流社
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779116810

作品紹介・あらすじ

みんなの愛情を一身に受けて育っていた末っ子の主人公キコに妹が出来た。すると以前のようにはかまってもらえなくなった。おりしもキコが釘を飲み込んだと勘違いしたママの早とちりから大騒動がもちあがる。キコの一日を時間に添って追いながら……。スペイン・モロッコ戦争を背景に、子どもと大人の眼を通して複雑な家庭問題と夫婦間の微妙な関係を描く、楽しくも悲しみに満ちた物語。スペイン文学のベストセラーの初訳!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 6人兄弟の下から2番目、3歳の男の子キコ。少し年上の兄フアンと妹クリス、お手伝いさん2人との賑やかな一日を描く。といっても作者が作者だからほのぼのな話だけで終わるわけもなく、60年代頃の社会背景や夫婦間の不和がちらちらと現れる。と言ってもキコの視線からなので断片的ではあるが。

    キコはお手伝いさんやお母さんにいろいろ話しかけるけれど、どうしてもみんなの目線は1歳の妹クリスに行ってしまう。それはお母さんとて例外ではなく、「赤ちゃんのクリスは許されるけどあなたはダメ」というダブルスタンダードであっさり片付けられてしまう。まさにキコは一家の中心の座から滑り落ちてしまった「落ちた王子様」なのだ。
    そして小さな事件が起こり、一家の注目を浴びたキコは喜び満面。もちろん大きな注射針を抱えたロンギーノス先生(笑)には見抜かれてしまうのだけど。
    一騒動も解決し、キコの一日は静かに終わる。

    3歳児キコの言動の一つ一つが「あるある」感があって苦笑を禁じ得なかった。そして自分の子育てをちょっと振り返って反省してみたり。

    ところで小児用とはいえ鎮痛剤の座薬をキコに入れられて「すやすやとよく寝」てしまったクリスちゃんは大丈夫だったんでしょうか?

  • スペインの子沢山家族(6人兄弟)の下から二番目、4歳のキコの一日。大好きなママのお膝は、赤ちゃんのクリスティーナに奪われ、ちょっとご不満。すぐ上のお兄ちゃん・ファンや、子守のビトラたちとの、賑やかな一日。

    4歳の子どもらしい発言や行動、賑やかな一家の様子が楽しい。でも、時代が少し前と思われるところと、スペインが舞台というところが、少し違和感。日本版のこんなお話があったら、もっとおもしろかっただろうに。

  • 読む前までは、美しい幸せな子供の一日を描いているだけの小説だと思っていた。読み進めてみると、私のために書かれた小説だと感じた。

    外から眺めると、これ以上ないくらい完璧に幸せな家庭なのに、実は葛藤と不和と余裕のなさで、家族が引き裂かれている。同じ家で暮らしているのに一緒じゃない。
    同じテーブルにみんな一人きりでついている。聡明で感受性の強いキコが、将来どうなっていくんだろうと、心配になってしまった。

    七つ目の王冠が積まれたら、何もかも崩れてしまう。
    ある裕福な家の幼い子供の一日を追っているだけの小説なのに、所々の描写で背筋が冷えた。
    カトリックの国ならではの価値観も新鮮だった。

    『マリオとの五時間』も読みたい。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

(Miguel Delibes)
1920年、スペインのバリャドリッド生まれ。2010年、バリャドリッドの自宅で逝去。1947年に『糸杉の影は長い』でナダル賞を受賞。それ以後、幅広い文学活動により数々の文学賞を受けている。カスティーリャ地方を舞台にした作品が多いが、代表作として『糸杉の影は長い』『マリオとの五時間』『赤い紙』『異端者』などがある。

「2011年 『落ちた王子さま』 で使われていた紹介文から引用しています。」

落ちた王子さまのその他の作品

落ちた王子さまの詳細を見る 単行本 落ちた王子さま ミゲル・デリーベス

ミゲル・デリーベスの作品

落ちた王子さまを本棚に登録しているひと

ツイートする