ばかものギンペルと10の物語

制作 : Isaac Bashevis Singer  村川 武彦 
  • 彩流社
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779117541

作品紹介・あらすじ

「短編の名手」といわれたノーベル賞作家、最初の短編集、完訳!
迫害を逃れポーランドからニューヨークに移住し、イディッシュ語でポーランドに住むユダヤ社会を描き続けた異色の作家。
「ヘンリー・ミラーは古今東西の十大作家はという質問に対して、彼の十大作家の十番目にI・B・シンガーをあげた。ヘンリー・ミラーは彼の作品には『なによりも愛がある、われわれが本で読みなれているものよりももっと大きな、もっと広い愛がある』といっていた。シンガーにとって文学とは人を楽しませるもの以外のなにものでもなかった。そして彼は『性格の分析こそが人間にとって最大の楽しみ』であると断言する。ちなみに筆頭は老子であった」(「悪魔的情念の解放者――I・B・シンガーの人と作品」飛田茂雄)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シンガーの初期の短編集。ユダヤ教らしいお話。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      シンガーの話は岩波から出ている工藤訳は全部読んだ、それから映画になった「愛のイエントル」。次は「カフカの友と20の物語」の予定なんですが、こ...
      シンガーの話は岩波から出ている工藤訳は全部読んだ、それから映画になった「愛のイエントル」。次は「カフカの友と20の物語」の予定なんですが、これも面白いだろうなぁ、、、迷う。
      2012/07/09
    • 羊さんさん
      シンガーは「お話を運んだ馬」で初めて出会いました。少年文庫や「やぎと少年」も良かったなあ。今回の本は、大人向きなのでちょっと雰囲気違うけれど...
      シンガーは「お話を運んだ馬」で初めて出会いました。少年文庫や「やぎと少年」も良かったなあ。今回の本は、大人向きなのでちょっと雰囲気違うけれど、基本の純朴さみたいなところは同じなのかもしれない。
      2012/07/11
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「「やぎと少年」も良かったなあ」
      はい。センダックの挿絵がとってもマッチしていました(ハードカバーは実家に置いていたため断捨離の目に遭い、気...
      「「やぎと少年」も良かったなあ」
      はい。センダックの挿絵がとってもマッチしていました(ハードカバーは実家に置いていたため断捨離の目に遭い、気軽に再読出来なくなりました)。
      手元に置いていた少年文庫は残りましたが、チョッと残念。「やぎと少年」も少年文庫にならないかなぁ、、、
      「基本の純朴さみたいなところは」
      大人向けだから、チョッと意地の悪いところがあるのかと(「カフカの友」と言うタイトルから、勝手に)。。。
      2012/07/17
  • ギンペルの生き方は特異すぎると感じたが、この話に感動する人が多かったことも理解できる.ノーベル賞につながったのだから.一連の話はユダヤ教の習慣に根ざしたものが多く、あまり良く理解できなかった.イディッシュ語があること自体知らなかったが、翻訳は大変だったと思う.

  • 人生が寓話的に描かれている。舞台は500年前だったり、第一次大戦~第二次大戦ごろだったり。

全3件中 1 - 3件を表示

アイザック・B.シンガーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウンベルト エー...
ジェイムズ・ジェ...
ショーン・タン
堀江 敏幸
ジェイムズ・ジョ...
マルグリット デ...
J.L.ボルヘス
ガブリエル ガル...
ジャック・ケルア...
ウンベルト エー...
J.L. ボルヘ...
ジェイムズ・ジョ...
ジェイムズ・ジェ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする