龍馬暗殺の黒幕は歴史から消されていた 幕末京都の五十日

著者 :
  • 彩流社
1.50
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779117626

作品紹介・あらすじ

闇に葬られていた日記が語る衝撃的新事実!!
暴かれた黒幕と新撰組の近藤勇らが複雑に絡み合った背後関係。
巧みに仕組まれた暗殺の実行過程が詳らかに…。

「本書は、龍馬らの暗殺事件関係の資料類の再検証を行ったものである。そして、特にその中の『寺村左膳道成日記』の読み直しを通して、そこに眠っていた、これまで語られることのなかった新事実を見つけ出し、近江屋事件の真実や真相、真の黒幕を解き明かし、事件の歴史的な評価をしたものである。寺村左膳とは土佐藩の山内容堂の側用人で大政奉還の建白書の草稿を執筆した人物である。」(「まえがき」より)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中岡慎太郎は殺されるべくして殺されたことと、黒幕は寺村左膳との筆者の見解。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

なかじま のぶゆき 歴史家。東北大学工学部卒。
長く企業の開発の仕事に携わる。退職後文筆業へ。
『龍馬暗殺の黒幕は歴史に消されていた』
(彩流社、2012年1月)が話題を呼んだ。

「2012年 『甦る三国志「魏志倭人伝」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中島信文の作品

龍馬暗殺の黒幕は歴史から消されていた 幕末京都の五十日を本棚に登録しているひと

ツイートする