古代 七つの金石文: 日本古代成立の正体を知る

著者 :
  • 彩流社
1.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779119361

作品紹介・あらすじ

“歴史の真実は現れるために隠れている”── 偶然に見つかって奇跡的に出土した七つの金石文
(金属や石などに記された文字資料)のメッセージ。その読み方で古代史像は大きく変わる。
“似たる共通の運命をもつ七つの金石文”によって日本古代史のいかなる驚くべき秘密が明ら
かされたのか、一連のつながりとして「七つの金石文」による物語を提供する。

著者プロフィール

旧姓福岡。1940年東京生れ。東京空襲の1年前の1944年、父母の郷里秋田県横手市雄物川町深井(旧平鹿郡福地村深井)に移住。県立横手高校から早稲田大学露文科に進学するも中退。1972年三一書房に入社。取締役編集部長を経て2006年3月退社。
著書に『馬子の墓』『義経紀行』『漱石の時代』『ヒロシマ』『アマテラス誕生』『武蔵坊弁慶』『隅田八幡鏡』『天皇象徴の日本と〈私〉1940-2009』『八幡神の正体』『古代七つの金石文』『法隆寺の正体』『ヒトラーはなぜユダヤ人を憎悪したか』『「猫」と「坊っちゃん」と漱石の言葉』(いずれも彩流社)、『応神=ヤマトタケルは朝鮮人だった』(河出書房新社)、『日本人の正体』(三五館)、『漱石の秘密』(論創社)、『日本古代史集中講義』『「日本書紀」集中講義』『干支一運60年の天皇紀』『〈新装改訂版〉八幡神の正体』『天皇象徴の起源と〈私〉の哲学』(えにし書房)ほか。

「2019年 『日本古代史の正体』 で使われていた紹介文から引用しています。」

林順治の作品

古代 七つの金石文: 日本古代成立の正体を知るを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
ツイートする