諜報の現代史: 政治行動としての情報戦争

著者 :
  • 彩流社
4.75
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779121395

作品紹介・あらすじ

諜報は情報の戦争である。他国との常なる、見えざる戦いだ!
それ故に「諜報の戦いも他の手段を以ってする政治の継続」だ!

わが国を取り巻く国際環境は平和主義の理想郷には程遠い。
諸国家には厳然たる境界線があり、互いにその存亡を賭けて
安全保障と最大限の国益を確保するために水面下で熾烈に争っている。
国際政治の場での隠れた戦いは極めて深刻である。

 本書は「政治行動としての情報戦争」という視点に立って、
個々の事件と国際政治や政治権力との関わりを中心にまとめ、
国策としての諜報や情報活動の複雑極まりない陰の世界に光をあてる。

著者プロフィール

1940年東京生まれ。1964年東京外大ロシア科卒業、
同年NHK放送記者、入局1974〜79年モスクワ特派員、
1992〜2000年解説委員、
その後、モスクワ会(在東京マスコミ各社ロシア専門記者会議)
代表幹事。日ロ交流協会 顧問、副会長など歴任。

主な著訳書
『最後のロシア皇帝』ちくま書房(新書)1998年
『コサックのロシア』中央公論新社 2000年
『チェチェン大戦争の真実』日新報道 2004年
『キャラバン・サライのロシア(上・下巻)』
東洋書店 2008年
「ロシアを動かした秘密結社』彩流社 2014年
「諜報の現代史』彩流社 2015年
『カーター回顧録』(上・下巻)共訳
日本放送出版協会 1982年
『新・ロシア人』(上・下巻)共訳
日本放送出版協会

「2016年 『デーモンの画家 ミハイル・ヴルーベリ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

植田樹の作品

諜報の現代史: 政治行動としての情報戦争を本棚に登録しているひと

ツイートする