16・17 世紀の海商・海賊: アドリア海のウスコクと東シナ海の倭寇

制作 : 越村勲 
  • 彩流社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779121463

作品紹介・あらすじ

近代国家が海賊を生んだ?!

西洋の「ウスコク」と東洋の「倭寇」、遠く離れた海で
同時期に発生したふたつの海賊集団の実態と背景を探るーー

「海賊の黄金時代」の100 年以上前に生まれ、
黄金時代到来以前に消えていった
東欧クロアチアのウスコクと、東シナ海の倭寇。
彼らは、貧しい人々が16・7 世紀の経済、政治や
軍事の変化に反抗した一例といえるのではないか。
そして、そこには近世国家の成立という共通項が
あるのではないかーーその視点を出発点に、ウスコクと倭寇、
東地中海と東アジア海域の海賊の比較を試みる。

【シンポジウム
『16、17世紀の海上貿易と海商、海賊』報告書[英訳付き]】
Uskok of the Adriatic Sea and Wako of the East China Sea.

16・17 世紀の海商・海賊: アドリア海のウスコクと東シナ海の倭寇を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする