ウィルキー・コリンズ短編選集

制作 : 北村 みちよ 
  • 彩流社
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779121920

作品紹介・あらすじ

“探偵小説の父”ウィルキー・コリンズの短編から、
異なる味わいをもたらす5 つの短編物語をセレクト!

ヴィクトリア朝の古くさい物語? いえいえ、侮るなかれ!
市井の人々の直面する謎、秘密、運命……

シリアスに、ときにユーモラスに語られる
ストーリーテリングの妙をご賞味あれ!!

【第1話】アン・ロッドウェイの日記
【第2話】運命の揺りかご
【第3話】巡査と料理番
【第4話】ミス・モリスと旅の人
【第5話】ミスター・レペルと家政婦長

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • さすがのストーリーテラー。謎も魅力的なら、登場する女性がスッと背筋が伸びているような印象で魅力的。

    「アン・ロッドウェイの日記」「ミス・モリスと旅の人」がよかったな。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1824年ロンドン生まれ。法律家修業を経て、20代後半から作家活動に入る。30代半ばで発表した『白衣の女』によって一躍脚光を浴び、1860年代に大流行したセンセーション小説の礎を築いた。代表作は、『白衣の女』の他、『ノー・ネーム』『月長石』などで、後者は世界最初の長篇推理小説としても有名。1889年没。

「2018年 『ヴィクトリア朝怪異譚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ウィルキー・コリンズの作品

ツイートする