冬の王

制作 : 陶山 昇平 
  • 彩流社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779122446

作品紹介・あらすじ

野望! 権謀術数! 愛と憎しみ、欲望と策謀が渦巻く激動の時代を制したイギリス・テューダー王朝創始者ヘンリー七世の謎めいた生涯!

イギリス薔薇戦争(1455-85)を制し、相争った白薔薇(ヨーク家)と赤薔薇(ランカスター家)を和解させて王座に登極、国内に安定をもたらしたテューダー朝創始者ヘンリー七世。

中世的国家からの脱却、イギリスという国家の基盤作りなど歴史的偉業をなしながら、シェイクスピア戯曲でも有名なリチャード三世とヘンリー八世(カリスマ的大悪党!?)の時代に挟まれ、これまで謎に包まれた人物とされてきた。

春に戴冠しイギリスを花開かせたヘンリー八世に先行し「冬の王」とされる彼のミステリアスな性格、スリリングな生涯を新事実もまじえて明らかに! 

イギリスで発表時に、各メディア(デイリー・テレグラフ、ガーディアン、サンデー・テレグラフ、サンデー・タイムズ、タイムズ文芸附録、ファイナンシャル・タイムズ、BB
Cヒストリー)が「今年の本(ブック・オブ・ザ・イヤー)」(2011 年)に選出した話題の書!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 60ページで断念。出口さんのオススメだったが、本の厚さと登場人物の多さに負けて断念。世界の歴史を読み終えたらもう一度のぞいてみたい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

トマス・ペン
Thomas Penn
ペンギン・ブックス(UK)にエディトリアル・ディレクターとして勤務する傍ら、媒体への寄稿など執筆業も行う。ケンブリッジ大学にて Ph.D.(中世史) 。

「2016年 『冬の王』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする