戦争を乗り越えた日米交流: 日米協会の役割と日米関係 1917‐1960

著者 :
  • 彩流社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779123313

作品紹介・あらすじ

日本で最も歴史のある民間日米交流団体、
日米協会100周年!

歴代会長、日露戦争で全米を味方につけた
金子堅太郎から、吉田茂元首相の会長就任まで。

これまでの研究であまり着目されていなかった
戦前の国際交流から、戦後日米関係が
「日米同盟」「安保体制」へと変化する直前までの
日米交流活動を追いかけた画期的研究。
民間団体だからこそ聞けた、開戦直前の米国の本音。
戦後の知的交流の架け橋となった、
日米の友情がここにある!
日米協会で開催された主要講演会の
記録年譜(1917〜1960年)付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・開架 319.1A/I27s//K

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

*2019年9月現在
早稲田大学アジア太平洋研究センター特別センター員。
渋沢研究会運営委員。日本国際文化学会常任理事。

「2019年 『国際交流に託した渋沢栄一の望み』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯森明子の作品

戦争を乗り越えた日米交流: 日米協会の役割と日米関係 1917‐1960を本棚に登録しているひと

ツイートする